ケーキやクッキーなどのお菓子作りで活躍する「ココアパウダー」。

 

ほろ苦いカカオの風味が、お菓子をより美味しくしてくれます。

 

そんなココアパウダー、いざお菓子を作ろうとしたときに「ない!」なんてことになると困りますよね。

 

カワルンちゃん
やばい!ココアパウダーがない。どうしよう…

 

できることなら家にあるもので代用したいと考える人は多いでしょう。

 

今回は、そんな困ったときに役立つ『ココアパウダーの代用品』についてご紹介します。

 

ココアパウダーとは純ココアのこと!

(ココアパウダー 出典:Wikipedia

 

 

スーパーなどの製菓コーナーに置いてあるココアパウダーですが、実は飲み物コーナーに置いてある「純ココア」と同じものなのです!

 

置いてあるコーナーが違うので「別物なのかな?」と思ってしまいますが、飲み物コーナーに置いてある純ココアでも、問題なくお菓子作りに使うことができます。

 

ココアパウダーの代用品には、できれば純ココアがベストでしょう。

 

まずは家に純ココアが置いてあるかを確認し、もし無かったら別の代用品を探すようにしましょう。

 

カワルンちゃん
お次は、純ココア以外のココアパウダーの代用品をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

 

ココアパウダーの代用品はこの12つがおすすめ!

カワルンちゃん
困ったときにはぜひお試しください!

【ココアパウダーの代用品①】ミルクココア

 

「ミルクココア」とは、ココアパウダーに砂糖や粉末ミルクが含まれているものです。

 

ドリンクとして飲むに特化しており、牛乳に加えてかき混ぜるだけで美味しく飲むことができます。

 

そんなミルクココアは、ココアパウダーの代用品とすることが可能です。

 

ミルクココアをココアパウダーの代用品にするときは「甘さ」に注意が必要です。

 

ココアパウダーと違い、ミルクココアには砂糖も粉末ミルクも入っているので、ココアパウダーのときよりも甘めです。

 

カワルンちゃん
そのまま使っても「甘めのココア味」になるくらいなので問題ありませんが、気になる人は、砂糖の量を調整することをおすすめします。

 

 

【ココアパウダーの代用品②】板チョコ

 

甘い味わいがとても魅力的な「板チョコ」。

 

チョコレートを使ったお菓子はたくさんありますが、純粋にチョコレートを楽しみたい人は、板チョコを好んで買いますよね。

 

そんな板チョコも、レシピによってはココアパウダーの代用品となります。

 

板チョコを代用品にするときは、生地に練り込んで使うもののときに代用するのがおすすめです。

 

クッキーやパウンドケーキであれば、上手く代用を努めてくれることでしょう。

 

ただ、市販の板チョコをそのまま使うと、ココアパウダーよりも甘味が強く出てしまいます。

 

市販の板チョコの中には、カカオの含有率が高いものがいくつかありますが、その表記がない一般的な板チョコを代用するとなると、甘味が際立ってしまうのです。

 

カワルンちゃん
一般的に売られている板チョコを代用するときは、砂糖の量を上手く調整をすることで、いい感じにココアパウダーの代役を果たしてくれることでしょう。

 

 

【ココアパウダーの代用品③】ミロ

 

「ミロ」は、ミネラルやビタミンなど、たくさんの栄養を含むココア味の粉末麦芽飲料です。

 

機能性ドリンクとして昔から有名なミロですが、ココアパウダーが含まれているので、味は優しいココア味で「ミルクココアよりもミロのほうが好き」という人もいます。

 

そんなミロも、ココアパウダーの代用品とすることが可能です。

 

ミロを代用品として使うときは、ミルクココアと同様に砂糖や粉末ミルクが 入っているので、ココアパウダーを使ったときよりも甘めになります。

 

しかし、味はココアに近いので、美味しく作ることができます。

 

 

【ココアパウダーの代用品④】セノビックのミルクココア味

 

ミロと同様、あらゆる栄養を含む機能性ドリンクの「セノビック」。

 

成長期の子供の背を伸ばす成分が豊富なので、お子さんがいるご家庭には置いてあることもあるでしょう。

 

そんなセノビックのミルクココア味は、ココアパウダーの代用品とすることができます。

 

ただ、セノビックを代用品として使うと、ミロやミルクココアと同様に甘めの仕上がりとなります。

 

カワルンちゃん
気になる人は、入れる予定の砂糖の量を調整するようにしましょう。

 

【ココアパウダーの代用品⑤】キャロブパウダー

 

あまり馴染みのない名前ですが、風味がとてもココアに似ているという「キャロブパウダー」。

 

キャロブは、日本名では「いなご豆」というマメ科の植物で、そのキャロブから作られたパウダーはココアパウダーの代用品とすることができます。

 

カカオと比べると脂質が少ないですが、甘味があるため、ダイエットにもよく使われている食材です。

 

キャロブパウダーを代用品として使うときは、ココアパウダーを使うときと同じように使用しても大丈夫です。

 

仕上がりもココアパウダーを使ったような感じになるので、大きな違和感を感じることなく使用することができるでしょう。

 

また、キャロブにはカルシウムや鉄分が豊富に含まれているので、健康面にもとても良いです。

 

カワルンちゃん
育ちざかりのお子さんがいるご家庭は、敢えてキャロブパウダーを代用するのもおすすめです!

 

 

【ココアパウダーの代用品⑥】インスタントコーヒー

 

大人がホッとひと息つくときにお供となるのが「インスタントコーヒー」。

 

ほろ苦いテイストが疲れた体を優しく癒してくれますよね。

 

そんなインスタントコーヒーもココアパウダーの代用として使うことができますが、レシピによっては好みが結構分かれます。

 

ほろ苦テイストのガナッシュなどの場合は、インスタントコーヒーでも代用は十分に可能です。

 

どちらもチョコレートを作ることができる豆が原材料になっていますが、結構フレーバーが違いますが、代用できるなら助かりますよね。

 

メインの味はココアというよりもコーヒーの方が勝ってしまいますが、雰囲気を出すには十分でしょう。

 

ですが、甘味を際出させてるクッキーやパウンドケーキなどでは、どうしてもコーヒー味になってしまうため、ココアパウダーの代役を出来るかと言われると、微妙なところです。

 

コーヒーが得意でない人には気づかれてしまうことでしょう。

 

レシピは限定されてしまいますが、インスタントコーヒーもココアパウダーの代用はできないこともありません。

 

カワルンちゃん
もしほろ苦い系のお菓子を作るのであれば、インスタントコーヒーを代用してみるのもおすすめです!

 

 

【ココアパウダーの代用品⑦~⑫】そのほか!みんなのアイディア

◎チョコレートシロップ(ソース)

 

◎プロテインチョコレート味

 

◎カカオパウダー

 

◎すりごま

 

◎シナモン

 

◎ミルクティーの素

 

まとめ

まとめ

 

 ココアパウダーは、スーパーなどの製菓コーナーに置いてあり、飲み物コーナーに置いてある「純ココア」と同じもの。

 

 ココアパウダーの代用品は、以下の6つがおすすめ。

 

【ミルクココア、板チョコ、ミロ、セノビック、キャロブパウダー、インスタントコーヒー、チョコレートシロップ(ソース)、プロテイン(ココア味)、カカオパウダー、すりごま、シナモン、ミルクティーの素】