アクセサリーや家具などをハンドメイドすることがここ近年流行していますね。

 

今では100均でも素材を購入することができるので初めての人でもお金をかけずにハンドメイドやDIYを始めることができます。

 

簡単なものができるようになるともっと上級者向けのものに挑戦してみたいと思う人も多いはず…。

 

そんなときより本格的な仕上がりにするためにニスが必要になったこともあるのではないでしょうか?

 

しかし、ニスは100均でも販売されてはいるものの店舗によって異なるため、なかなか見つけることができなかった人も多いと思います。

 

カワルンちゃん
やばい!ニスが見つからない。どうしよう…

 

そんな時、家にあるもので簡単に代用することができればとても便利ですよね。

 

そこで今回は、困ったときに役立つ『ニスの代用品』についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

そもそもニスって何?

 

小学校の図工の授業などで使ったことがある人も多いと思いますが、そもそもニスとはどういう役割を持っているのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

そこでまず、ニスとはどういうものでどういった役割があるのかをご紹介します。

 

①ニスの成分

ニスの主な成分は樹脂で、樹脂とアルコールなどの溶剤で薄めて液体状にしたものになります。

 

しかし、ニスにも種類が様々あり、用途によって使い分ける必要があります。

 

室内で使用するものであれば水性ニスを購入すれば、匂いも少なくムラもできにくいので初心者でも扱いやすいです。

 

反対により強度のある油性溶剤を使用したニスは、匂いが強いので初めて使用する人は注意が必要です。

 

②ニスの役割

ニスの主な役割は木材のコーティングです。

 

表面に膜を張ることができるので汚れなどから作品を守ることができます。

 

また、表面に樹脂の膜ができることで水に強くなるので着色した塗料が落ちてしまうことを防いだり、木材に水が染み込んで曲がってしまったり腐ってしまうのを防いでくれます。

 

また、しっかりとした膜を張ってくれるような硬めのニスを使用すれば傷や凹みから守ってくれます。

 

カワルンちゃん
家具などを作る際に使うことで作ったものを長く使い続けることができるようになります。

 

ニスの代用品はこの4つがおすすめ!

 

メリットは大きいですがデメリットもあるニスは初めて使うには少し抵抗があるかもしれません。

 

そこで家にあるもので簡単にできるニスの代用品をご紹介します。

 

①トップコート

 

ネイルをする女性であればほとんどの人が持っているトップコートはニスの代用品として活用することができます。

 

使い方も爪に塗る時と同じように付属のハケで薄く丁寧に塗っていくだけですので誰でも簡単に使うことができます。

 

 

また、トップコートは100均で購入することができるので、もし持っていなくてもすぐに手に入れることができるのもいいところです。

 

しかし、トップコートは小さな小瓶に入っているので量にも限りがある上に大きな作品などに使用するには手間と時間がかかってしまいますのでお勧めできません。

 

カワルンちゃん
また、乾くのが早い分ムラになりやすいのでかなり薄い層を重ねるように塗る必要があるので少しコツが必要になります。

 

②ジェルネイル

 

トップコートよりもより強度があるニスの代用品としてジェルネイルがあります。

 

ジェルネイルはUVランプで光を当てないと固まらないため、ゆっくりと作業したい人には向いています。

 

また、固まればかなりの硬さがあるので作品の保護もしてくれます。

 

色も様々あるのでニスを使うだけとはまた違う雰囲気を出すことができます。

 

 

100均でも販売されているのですが店舗によっては扱っていない場合がありますので、その場合はネット通販などで購入しなければならないので使いたいときにすぐ使えない可能性があります。

 

また、UVランプが必要になるのでコストがかかってしまいます。

 

カワルンちゃん
大きさもネイル用などがほとんどのため大きな作品を硬化するのは難しいですね。

 

③ボンド

 

工作などで大活躍する木工用ボンドを一工夫すればニスの代用品として活用することができます。

 

一工夫といっても水で少し薄めてあげるだけなので誰でも簡単にできます。

 

ボンドを薄めずに使うと硬くて塗りにくいのはもちろんのこと、ムラになりやすいのでボンドをニスの代わりにする場合は水で少し薄めてから使うことをお勧めします。

 

 

注意点としては手軽に使える反面、木工用ボンド自体はあまり強度はないので、作品を傷や凹みから守ってくれる力はあまり期待しないほうがいいです。

 

カワルンちゃん
また、ボンドは劣化すると黄色くなってしまうので日光が当たりやすい場所に置くものに使用するのはお勧めできません。

 

④エポキシ接着剤

 

接着剤といってもよくあるすぐ乾く瞬間接着剤ではなくエポキシと呼ばれる接着剤はニスの代用品として活用することができます。

 

エポキシというのはあまり聞きなれない名前かもしれませんが、ボートの修理や割れた陶器の接着などほとんどの素材に使える上にとても強度のある接着剤です。

 

 

それだけ強度のあるものだと値段が高そうに思うかもしれませんが、実は100均でも購入することができます。

 

ほとんどのものがA剤とB剤を混ぜて使う2液性になっており、レジンとほぼ同じ素材でできています。

 

そのため、UVランプが必要と思ってしまうかもしれませんが、エポキシ接着剤はUVランプなしで固まります。

 

固まる時間も10分程度で固まるので時間がかかるのはちょっと…という人にもお勧めできます。

 

注意点としては10分程度で固まるのでゆっくり作業しているとすぐに固まってしまって伸びなくなるので、手早く作業する必要があり、慣れるまでは少々手こずってしまう可能性があります。

 

カワルンちゃん
また、エポキシ接着剤は劣化しやすく、劣化すると黄色くなってしまうので作品によっては劣化した際に雰囲気が変わってしまって台無しになってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

ニスの代用品として向いていないもの

 

ニスの代用品になるものをご紹介しましたが、反対にニスの代用品には不向きなものもご紹介します。

 

①のり

紙などをくっつける際に使用するのりはどこの家庭にも1つはあるようなものなので、代用品として活用することができればとても便利です。

 

しかし、のりは水性のため水に濡れると溶けて剥がれ落ちてしまいますし、艶が出るわけでもないのでニスの代用品としては使うことができません。

 

②アイブロウコート

夏の暑い日やプールに入るときなど眉メイクが落ちないように使用するアイブロウコートは水に強いのでニスの代わりになるかも?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、確かに水には強いかもしれませんが強度はなく、ニスを塗って仕上げた時のような艶が出るわけでもないので代用品として使うことができません。

 

③防水スプレー

靴などに水を吸い込んでしまったり、汚れてしまうのを防いでくれる防水スプレーはとても便利なものです。

 

しかし、ニスのような艶や表面を守ってくれるような膜を張るわけでないためニスの代用品としては不向きです。

 

カワルンちゃん
ただ、水を弾いてくれる力はありますので水を染み込ませたくないようなものにふりかけておくと水がしみ込んでしまうのを防いでくれますので、ニスの代用品としてではなく水滴防止として振っておくと便利ですよ!

 

まとめ

まとめ

 

 ニスは樹脂でできており、種類によって匂いの強さが違う。

 

 ニスは木材などの表面をコーティングする役割を持っている。

 

 ニスの代用品は以下の4つがおすすめ。

 

【トップコート・ジェルネイル・ボンド・接着剤】

 

 代用品のほとんどが100均で購入できる。

 

 エポキシ接着剤は強度があり頑丈。

 

 防水スプレーなどは水を防ぐための代用品にはならない。