土用の日に食べる機会が多い「うなぎ」。

 

濃いタレの味とタンパクな身が絡まってたまらない美味しさですよね。

 

とはいえ、食べたくても近年高くなりすぎてとても食べられないという人も多いのではないでしょうか?

 

カワルンちゃん
最近ウナギ高すぎ…、どうしよう…

 

そんな食べたくても食べられないうなぎ・・・そこで今回は『うなぎっぽい見た目と味の代用品』をご紹介します。

 

うなぎの代用品はこの7つがおすすめ!

 

本当にうなぎの代わりになるの?と思われるかもしれませんが、うなぎの代用品はうなぎをどうしても食べたい人々が試行錯誤の末、できる限りうなぎに近づけた食べ物なのです。

 

うなぎが食べたいけど高くて食べられない、そんな時に食べてみるとそれぞれ味や食感に癖があり、うなぎの代用品として美味しく食べられます。

 

その歴史は古く、昔は精進料理の一つとして食べられていました。

 

うなぎを食べたかったお坊さんが豆腐をかわりに使って考えたと言われています。歴史も古い分、うなぎの代用品は様々な食材が試されてきました。

 

カワルンちゃん
それでは代用品を紹介していきます。困ったときにはぜひお試しください!

 

【うなぎの代用品①】はんぺん

 

もともと魚のすり身なので味も見た目もうなぎそのもの、というものもあります。

 

身には少々弾力があり、味は蒲焼のタレとよく合います。値段も安く、十分にうなぎの代わりをしてくれます。

 

調理法や混ぜるものも人によって少しずつ違いますが、以下のレシピを参考にしてください。

【用意するもの】

✔ はんぺん

✔ 片栗粉

✔ 海苔

蒲焼レシピ

  1. はんぺんはそのままではうなぎにならないので、すりつぶして使います。
  2. はんぺんと同じくらいの分量のジャガイモを混ぜるとなおいいです。
  3. 片栗粉も少しだけ混ぜます
  4. 後は海苔をしき、その上にうなぎっぽく敷き詰めましょう。
  5. ついでに包丁でうなぎに蒲焼らしくそれっぽい筋などつけておくとなおいいでしょう。
  6. 最後に焼くか揚げるかしたら終了です。

 

 

【うなぎの代用品②】ちくわ

 

味も食感もうなぎにはなれませんが、簡単でそれなりにうなぎの気分を味わえます。

 

身は完全にちくわです。しかし努力次第で見た目はうなぎっぽくなります。

【用意するもの】

✔ ちくわ

✔ 蒲焼のたれ

蒲焼レシピ

  1. ちくわは半分に切ります。
  2. 包丁で何となくうなぎっぽい感じに筋を入れます。
  3. 後はフライパンで焼いてタレで絡めるだけです。

 

 

【うなぎの代用品③】豆腐

 

豆腐は元がたんぱくなので、調理次第でよりうなぎに近づけることができます。

 

見た目も味もうなぎそっくりにできます。昔から代用品として使われていた、うなぎ代用品の代表格と言えます。

【用意するもの】

✔ 豆腐

✔ 山芋やゴボウ

✔ 海苔

蒲焼レシピ

  1. 豆腐は水分が多いので、まずは水切りをします。
  2. しっかり水を切ったらつぶしてした山芋やゴボウを混ぜます。    
  3. 海苔を敷いた上に形を整えて、うなぎっぽい筋を付けたら油で揚げます。

 

 

【うなぎの代用品④】ナマズ

 

ナマズは見た目はまさにうなぎそのものになれます。

 

ナマズもたんぱくな魚ですし、うなぎのたれとよく合います。見た目や味はそこまで違和感はありません。

 

淡水魚なだけに、うなぎによく似た味になります。

【用意するもの】

✔ ナマズの切り身

✔ 調味料

✔ 蒲焼きのタレ

蒲焼レシピ

  1. ナマズの切り身を用意します。
  2. 湯通しした後、氷水でしっかり冷やします。
  3. お酒やみりん、砂糖を調合したものを火にかけ、アルコールが飛んだら身を入れて下茹でします。
  4. その後はうなぎの蒲焼のようにくしで刺してたれを付けながらじっくり焼いてください。うなぎのようにおいしくいただけます。

 

 

【うなぎの代用品⑤】さんま

 

さんまの蒲焼は缶詰めになっているくらい一般的です。

 

こちらはうなぎの代用品というよりもさんまの蒲焼、という商品として認識されています。

 

とはいえ、同じ魚であり、タレの味もよく合うさんまは家庭においては高いうなぎの代わりにできる一品です。

【用意するもの】

✔ サンマ

✔ サラダ油

✔ 蒲焼きのタレ

蒲焼レシピ

  1. 開かれたサンマを用意して、サラダ油を敷いたフライパンで焼くだけ。
  2. 焼くときは皮の方を下にして先に焼きましょう。
  3. 最後にフライパンにタレを入れ、フライパンをゆすりながら全体にタレをからませたら出来上がりです。

 

 

【うなぎの代用品⑥】鳥皮

 

鳥の皮なので、見た目のうなぎ感はほぼゼロです。

 

ただ味はうなぎにとても近いものができます。

 

安くて簡単にできるうえに見た目はともかく味はうなぎにとても近い逸品です。

【用意するもの】

✔ 鶏皮

✔ 和風だしの素

✔ ショウガ

✔ 蒲焼きのタレ

蒲焼レシピ

  1. 炊飯器に水と鳥皮、和風だしの素、すりおろしショウガを加えて炊く。
  2. 炊き上がったら皮を取り出し、適当な大きさに切ってフライパンでたれをからませながら炒めるだけ。

 

 

【うなぎの代用品⑦】なす

 

一時期有名になったうなぎ代用レシピといえばなすです。

 

食感は少し柔らかいようですが、味はうなぎにそっくりだと評判になりました。

 

なすは実が柔らかいので、タレのが良く染み込みます。

【用意するもの】

✔ なす

✔ 蒲焼きのタレ

蒲焼レシピ

  1. 家庭で作るなら、なすをレンジでチンします。
  2. 身が柔らかくなったら、開いて何となく蒲焼っぽい見た目を作りましょう。
  3. 後はフライパンで少し焼いてから蒲焼のタレを絡めつつじっくり火を通します。

 

 

その他のうなぎの代用品

 

その他にも人によって、かまぼこ、レンコンやどじょう、水煮大豆なども使われます。

 

ただし、うなぎとはかけ離れたものが多く、うなぎの代用品としてというよりはうなぎのタレを使った蒲焼風料理になります。

 

大手スーパーでもうなぎに似た淡水魚をうなぎの代用品として売っています。

 

有名なところではイオンのパンガシウス。うなぎに似た見た目と食感でお値段はとてもリーズナブルです。

 

 

ただ、名前を聞いただけではどんな魚なのか想像もつきませんが、とにかく安くてうなぎ気分を味わうためにたくさんの人たちが日々努力しています。

 

うなぎの代用品を使うにあたって注意しておきたいこと

 

うなぎの代用品はあくまでも代用品であって、うなぎではありません。

 

特に、はんぺんやちくわ、かまぼこなどは練りもの独特の食感があり、食べるとやはりうなぎとは違うな・・・と違和感を感じるかもしれません。

 

食べる前にうなぎっぽさを過剰に期待してしまうと、がっかりすることもありますので過度な期待は持たないようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

 

 うなぎの代用品には以下のようなものがある。

【はんぺん、ちくわ、豆腐、ナマズ、さんま、鳥皮、なす】

 

 その他にも人によって代用品として使用する食材がある。

【水煮大豆、かまぼこ、どじょう、レンコン】など

 

 代用品をうなぎとして過剰に期待すると違和感が大きいので気持ちの持ちようも大切。