クラッカーやフライドポテトなどにディップ、サラダのドレッシングのベース、料理だけでなくお菓子にも活用される「サワークリーム」。

 

そんな万能で便利なクリームですが、常に冷蔵庫に常備している人は少ないですし、スーパーに置いてないってこともあります。そんな時困りますよね・・・。

 

カワルンちゃん
やばい!サワークリームがない。どうしよう…

 

しかし、このサワークリーム、実は手軽に手に入るもので代用できるんです。

 

今回は、「今すぐに使いたい」「近くのお店に置いてない」ときなどに活用できるサワークリームの代用品をご紹介します。

 

サワークリームとは?料理への役割や特徴

(サワークリームトースト 出典:Wikipedia

 

 

「サワークリーム」とは、生クリームに乳酸菌を加えて発酵させたものであり、爽やかな酸味と、さっぱりした口当たりが特徴的な乳製品です。

 

生クリームより固く、バターよりも柔らかいため、とても使いやすい食材です。

 

特に、クリームチーズを使うお菓子などに加ええコクや酸味を補うのによく使われます。

 

お菓子だけでなく、サワークリームをいつもの料理に少量加えるだけで、コクやうまみがぐっと増します。

 

また、料理の横に沿えるだけで、ぐっとおしゃれに大変身させてしまう、万能な食材です。

 

ただし、日本ではまだなじみがなく消費量が少ないため、置いてある店舗が少なかったり、比較的高価な食材とも言えます。

 

サワークリームの代用品を使う2つのメリット

①コスト削減で家計にやさしい

サワークリームの値段を見て、「思ったより高い」「気軽に買えないかな」と感じる人もいるのではないでしょうか。

 

冷蔵庫にあるもので代用すれば、コスト削減になり家計にも優しく節約にもなります。

 

代用品で気軽にサワークリームを使い、普段の料理をワンランク上にしちゃいましょう。

 

オリジナルのサワークリームを楽しめる

サワークリームの代わりになる材料は様々です。

 

材料によって濃厚なものを作ったり、さっぱりしたものを作ることができるので、オリジナルのサワークリームを楽しむことができます。

 

料理の種類によって変えるのもいいですね。

 

サワークリームの代用品はこの7つがおすすめ!

 

サワークリームは料理やお菓子に使うだけなく、料理にそえるだけでも、料理が引き立ちます。

 

そんな万能のクリームですが、じつは身近なもので代用できるんです。

 

カワルンちゃん
思い立ったときにすぐに使いたい!料理によって風味を変えたい!ときに、ぜひ試してみてください!

 

【サワークリームの代用品①】生クリーム×レモン汁

 

生クリームは比較的手に入りやすく、どこのお店にも置いてますよね。

 

生クリームの種類は動物性、植物性どちらでも可能です。

 

値段がお手頃なのは植物性ですが、より濃厚な味を求める方は、植物性をおすすめします。

 

分量の目安は、生クリーム200ccに汁大さじ2~3です。

 

作るポイントとしては、合わせたら力強く混ぜること。力強く混ぜることで、程よい固さに仕上がります。

 

 

【サワークリームの代用品②】生クリーム×ヨーグルト

 

こちらも生クリームを使用した代用品です。

 

生クリーム1に対してヨーグルトを1/3程度の分量でしっかりと混ぜあわせ、キッチンペーパーなどで蓋をして1日ほど置き固まったら完成です。

 

いつものヨーグルトが、少しの手間で濃厚なサワークリームに大変身します!

 

サワークリームより脂肪分が少ないため、あっさりとした仕上がりになります。

 

また、ヨーグルトを水切りヨークルトにしてから混ぜると、より濃厚な味わいになります。お好みで調節してくださいね。

 

 

【サワークリームの代用品③】クリームチーズ×レモン汁

 

次にご紹介する組み合わせは、クリームチーズ×レモン汁です。

 

クリームチーズ200gにレモン汁を少々入れます。

 

クリームチーズは混ぜる前に、常温にもどしておきましょう。

 

クリームチーズは脂肪分が高いため、サワークリームよりもこってりとした仕上がりになります。

 

ディップなどにおすすめですよ!

 

 

【サワークリームの代用品④】豆乳×レモン汁×塩

 

マクロビレシピがお好きな方におすすめの組み合わせが、豆乳×レモン汁×塩です。

 

豆乳200gにレモン汁大さじ1を加えて混ぜ合わせます。

 

冷蔵庫で1時間ほど置くと、豆乳が分離します。

 

分離した豆乳を1時間ほどキッチンペーパーで水切りし、クリーム状になったら完成です。お好みで塩を少々加えましょう。

 

豆乳は、イソフラボンやレシチンなど美容効果のある栄養分が豊富に含まれているので、女性におすすめです。

 

お手頃な豆乳で、植物性の立派なサワークリームを作ってみましょう。

 

 

【サワークリームの代用品⑤】ヨーグルト×マヨネーズ

 

冷蔵庫に常備していることが多いこの2つでも代用品に変身できるんです。

 

ヨーグルト50ccにマヨネーズ大さじ1と塩を少々加えて、混ぜ合わせます。

 

こちらは、水切りなどがいらないので、時短したい方や少量だけ使いたい方などにおすすめです。

 

さっぱりとした味わいなので、煮込み料理などに入れてるのがおすすめです。

 

 

【サワークリームの代用品⑥】生クリーム×お酢

 

お酢もご家庭で常備していることが多い調味料の一つですね。

 

生クリーム200ccにお酢20ccを加えて、お好みの固さになるまで混ぜましょう。

 

お酢の酸味でさっぱりとした味わいになります。

 

使用するお酢は、バルサミコ酢や果実酢なども可能なので、お好みに合わせて試してるのもいいですね。

 

 

【サワークリームの代用品⑦】水切りヨーグルト

「冷蔵庫にヨーグルトしかない」と言うときでも、十分代用は可能です。

 

プレーンヨーグルトをキッチンペーパーなどで水切りをしましょう。

 

水切りの時間は緩めがお好きな場合は1時間程度、しっかりとしたクリームにしたい場合は1日置いても大丈夫です。

 

 

味はヨーグルトの味なので、そのまま食べるよりも、ボルシチなどに添えたりするのがいいと思います。

 

 

サワークリームの代用品で美味しく作れるおすすめレシピ

①水切りヨーグルトで、簡単絶品ディップ

パンやクラッカーなどとの相性が抜群で、料理の前菜にあると便利なディップ。

 

水切りヨーグルトを使った代用品を使えば、お財布にも優しくヘビロテできますよ!

【用意するもの】

✔ 水切りヨーグルト 大さじ1

✔ マヨネーズ 大さじ1

✔ オニオンコンソメスープの素 1/2袋

作り方

材料を全て混ぜれば出来上がり!

カワルンちゃん
簡単に「サワークリームオニオン」が楽しめますね。ポテトやパンだけでなく、温野菜につけるのもおすすめです。

 

ヨーグルトとレモン汁で、ビーフストロガノフ

サワークリームを加える料理の代表ともいえるのが「ビーフストロガノフ」です。

 

寒い時期にはぴったりの煮込み料理ですが、サワークリームを代用品にかえても十分美味しくできます。

 

ビーフストロガノフ自体、意外と簡単にできるので、この機会にぜひ挑戦してみてください!

【用意するもの】

✔ デミグラスソース 150cc~200cc

✔ 生クリーム 200cc

✔ ケチャップ 大さじ4~5

✔ プレーンヨーグルト 200g

✔ レモン汁 少々

✔ 牛肉

✔ しめじ

作り方

牛肉、しめじを炒めた後、そのほかの食材をすべて合わせて煮込むだけ

カワルンちゃん

ごはんにもパンにも合う一品があっという間にできちゃいます。サワークリームをヨーグルトとレモン汁で代用すれば、思い立ったときにすぐに作ることができますね!

 

混ぜて焼くだけ!代用品でお好みのチーズケーキ

定番スイーツのチーズケーキもサワークリームの代用品で美味しく作ることができます。

 

ヨーグルト×レモン汁で作ったサワークリームを使うことで、さっぱりとした味わいに、生クリーム×レモン汁のサワークリームを使うと濃厚な味になります。

 

そのときの気分で使い分けましょう。

【用意するもの】

✔ クリームチーズ 200g

✔ 水切りヨーグルト 100g

✔ 卵 80g

✔ グラニュー糖 80g

✔ レモン汁 小さじ2

作り方

  1. クリームチーズは常温に戻しておきます。
  2. 材料をすべてをよく混ぜ型に入れます。
  3. 180度のオーブンで30分、160度で20分焼いて完成です。

カワルンちゃん
より濃厚な味わいがお好きな方は、ヨーグルトを生クリームに代えてみてくださいね!

 

まとめ

まとめ

 

 サワークリームの代用にはこの7つがおすすめ。

 

【生クリーム×レモン汁・生クリーム×ヨーグルト・クリームチーズ×レモン汁・豆乳×レモン汁・ヨーグルト×マヨネーズ・生クリーム×お酢・水切りヨーグルト】

 

 代用品で美味しく作れるおすすめレシピ3選

 

【ディップ・ビーフストロガノフ・チーズケーキ】

 

 サワークリームの代用品は、ヨーグルトや生クリームなどで十分代用になる。

 

 代用品を使うことで、コストの削減やオリジナルのサワークリームを楽しむことができる。