食料品や飲み物を常に低温で保管してくれる冷蔵庫は、生活において無くてはならないものですよね。

 

いつも身近にあるのであるのが当たり前になっていますが、冷蔵庫が壊れてしまったらかなり大変です…!

 

カワルンちゃん
やばい!冷蔵庫が壊れた。どうしよう…

 

修理や買い替えの間、庫内の食料品などの保管に頭を悩まされる人も多いことでしょう。

 

そんなときに、冷蔵庫の代用になるものと知っておくと、とても助かります!

 

今回は『冷蔵庫の代用品』についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

冷蔵庫の代用品を選ぶポイントは?

 

 

冷蔵庫の代用品を選ぶときは「保冷力」があるかどうかをよくチェックするようにしましょう。

 

冷蔵庫と言えば低温で食料品や飲み物を保管するのが目的の家電なので、保冷力がなくてはなりません。

 

冷気も必要不可欠ですが、その冷たさを保てるようなものを代用品に選びましょう。

 

また、1つのものだけで代用するのではなく、他のものを付け加えるなどして少し工夫をだけでもかなり優秀な代用品になることがあります。

 

代用品のご紹介の際にお伝えしますが、アルミシートを代用品に貼り付けたり、食料品などを包んだりすることで、保冷力がグンとアップするのです。

 

カワルンちゃん
代用品や保冷に役立つアイテムを上手く使いこなして、修理の完了や新しい冷蔵庫が到着するまでの間を乗り切りましょう!

 

冷蔵庫の冷気代わりになるものはどうすればいい?

 

前述しましたが、冷蔵庫の中と同じような環境を作ろうと思えば、保冷力だけでなく「冷気」も不可欠になります。

 

最初は冷蔵庫が壊れたタイミングで製氷できていた氷や、よく冷やしておいた保冷剤などを代用品の中に入れて使うことでしょうが、それも溶けてしまえばおしまいです。

 

なんせ冷蔵庫が壊れているので氷を作り出すことも保冷剤を冷やす直すこともできませんよね。

 

そんなときのために、叩けばすぐ使えるタイプの「瞬間冷却材」があると便利でしょう。

 

冷却持続時間はそんなに長くありませんが無いよりはマシですし、代用品がしっかりとしていれば通常で使うときよりは長持ちします。

 

また、修理や新品の到着が長引きそうなときは、スーパーやコンビニに置いてあるかち割り氷を購入して使いましょう。

 

カワルンちゃん
地域によっては氷を分けてくれるスーパーもあるので、ご近所にそんなスーパーがあるなら氷をもらいに行くのもいいでしょう。

 

冷蔵庫の代用品はこの4つがおすすめ!

【冷蔵庫の代用品①】発泡スチロール

鮮魚や野菜、生肉などを輸送する際によく使われている発泡スチロールは、工夫次第で冷蔵庫の代わりに使うことができます。

 

氷や冷水を発泡スチロール内に入れることで、食材などを冷たく保つことが可能です。

 

 

発泡スチロールを代用するときは、短時間であれば保冷したい食料品や飲み物を中に詰め、氷や保冷剤を上下や隙間に詰めてしっかりとフタを閉めるだけでOKです。

 

しかし、長時間保冷をしたいのであれば発泡スチロールだけでは心許ありませんよね。

 

そんなときは、発泡スチロールの周りにアルミシートを巻くといいです。

 

カワルンちゃん
アルミシートの断熱力が、発泡スチロール内の冷気を少しでも長く留めようと活躍してくれますよ。

 

【冷蔵庫の代用品②】クーラーボックス

アウトドアで飲み物を運んだり、釣りの際に釣った魚を保管したりするのに便利なクーラーボックスも、冷蔵庫の代わりに使うことができます。

 

 

ひと言でクーラーボックスと言ってもソフトクーラーとハードクーラーというものがありますが、冷蔵庫の代用品にするのであれば、後者のハードクーラーがベストです。

 

断熱材が詰まっており、密封性も高いので保冷力はバッリチです。

 

クーラーボックスを代用するときは、保冷したい食料品や飲み物を中に詰めたら、氷や保冷剤を隙間に詰めてしっかりとフタを閉めましょう。

 

ハードクーラーはかなり保冷色が高いので、長時間の保冷が可能です。

 

カワルンちゃん
ただし、しょっちゅうフタを開けたり中のものを取り出したりするとボックス内の温度が上がってしまいますので注意しましょう。

 

【冷蔵庫の代用品③】保冷バッグ

ケーキやアイスなどをお土産に持って行ったり、弁当や飲み物を入れたりする際にお役立ちな保冷バッグも、工夫次第で冷蔵庫の代用が可能です。

 

 

保冷バッグは内側にアルミシートが貼り付けられおり保冷力があるため、短時間であれば冷蔵庫の代わりになります。

 

しかし保冷バッグは、クーラーボックスに比べると保冷力が低いので、冷蔵庫代わりに使うのであればひと工夫する必要があります。

 

保冷バッグを代用するときは、保冷剤や氷をたっぷりと入れて2重にして使うのがベストです。

 

同じようなサイズ感の保冷バッグを重ねて使い、ファスナーをしっかり閉めることで保冷力をアップさせることができます。

 

カワルンちゃん
とはいえ、保冷バッグは長時間保冷するのには向かないので「短時間であれば代用可能」という点をしっかりと覚えておきましょう。

 

【冷蔵庫の代用品④】段ボール

荷物が届いたときに中身を出して置いておいた段ボールも、工夫することで一時的に冷蔵庫の代わりに使うことができます。

 

段ボールは波状の紙を挟んで作っており、空気の層ができるので保冷効果があります。

 

短時間であればひと手間加えることで、冷蔵庫の代用に使えるでしょう。

 

段ボールを代用するときは、まず水気対策をする必要があります。

 

冷気用に段ボールに詰めた氷や保冷剤から発生した水気が段ボールに浸みると、フニャフニャになってしまい保冷力が落ちるので、段ボールの内側をビニール袋などで保護しましょう。

 

そして食料品や飲み物の中でも、特にしっかりと保冷しておきたいものは保冷剤を当ててからプチプチ(気泡緩衝材)やアルミホイルなどで包んでから段ボールに入れるのがおすすめです。

 

また、内側にアルミシートを敷いて保冷力をアップさせるのもいいでしょう。

 

 

段ボールは他の代用品よりも保冷力が低めなので、他のアイテムを使って保冷力を高めるのもおすすめです。

 

カワルンちゃん
ちなみに、家に段ボールが無くても、スーパーやホームセンターで使用済みのものを無料で分けてもらえることがあります。

 

まとめ

まとめ

 

 冷蔵庫の代用品を選ぶときは、冷気を保てる「保冷力」があるかどうかをよくチェックしよう。

 

 1つのものだけで代用するのではなく、アルミシートなど他のものも一緒に活用すると、保冷力がアップする。

 

 冷蔵庫の中と同じような環境を作るために必要な冷気は、氷や保冷剤などで代用する。

 

 最初に使っていた氷が溶けたり保冷剤がぬるくなったりしたら、叩けばすぐ使えるタイプの瞬間冷却剤やスーパーやコンビニに置いてあるかち割り氷を購入して使うと良い。

 

 冷蔵庫の代用品は、以下4のつがおすすめ。

 

【発泡スチロール、クーラーボックス、保冷バッグ、段ボール】