【水道水のカルキ抜き剤の代用品 6選】メダカや金魚向け!!代わりになる方法を紹介!

 

メダカや金魚を飼育するのには欠かせないアイテムが「カルキ抜き剤」。

 

水道水に含まれる塩素を取り除いてくれるため、メダカや金魚が健康的に生活できるようになります。

 

しかし、このカルキ抜き剤は消耗品ですぐになくなってしまいますし、使用頻度を考えると決して安いものではありません。

 

カワルンちゃん
やばい!カルキ抜き剤がない。どうしよう…

 

そんな時、家にあるものや安価で購入できるもので代わりになるものが見つかれば便利だと思いませんか?

 

今回は、困ったときに役立つ『カルキ抜き剤の代用品』をご紹介します。

 

カルキ抜きは絶対に必要なのか?

 

水道水に含まれる塩素は、人間が飲料水として飲むには問題ありませんが、魚たちにとっては違います。

 

カルキ抜きを行なっていない状態の水道水が、魚のエラから体内に入ると呼吸器系を中心に細胞が破壊されてしまいます。

 

破壊された細胞はすぐに戻るわけではないため、カルキ抜きをしていない水道水の中で長期間生活すると魚は死んでしまいます。

 

また、魚にとって必要なバクテリアも死滅してしまうため、長生きすることができなくなってしまいます。

 

カワルンちゃん
そのため、メダカや金魚などの魚を飼育する際にはカルキ抜きは絶対に必要なものになります。

 

カルキ抜き剤の代用品はこの6つがおすすめ!

【カルキ抜き剤の代用品①】浄水ポット


浄水ポットは水道水を入れてフィルターに通すことで塩素や有害物質を取り除き、より綺麗な状態の水にすることができます。

 

水道水を入れて待つだけですので比較的簡単ですし、メダカや金魚に使用する以外にも自分自身の飲料水としても使用することができます。

 

濾過フィルターは3ヶ月に1度交換するだけのものがほとんどですのでコスパもかなり良いです。

 

また、1Lや2Lなど大きさも必要に応じて選ぶことができるので、水槽が大きくても問題ありません。

 

注意点としては、使用する前に下準備が必要であることと、フィルターを通すため濾過するまでに少し時間がかかることです。

 

ほとんどの浄水ポットが購入してすぐに使用できるわけではなく、数回フィルターを洗浄してからでないと使用できません。そのため購入してすぐに使用するというのが難しくなってしまいます。

 

また、使用できるようになってからも、濾過はゆっくりであるため、ある程度の時間がかかります。

 

カワルンちゃん
すぐに使用できるように予め浄水ポットに水を入れて濾過が完了した状態に用意しておく必要があります。

 

【カルキ抜き剤の代用品②】炭

 

炭は消臭効果や浄化効果があるため、水道水に含まれるカルキを取り除いて綺麗な水を作ることができます。

 

 

この時、どんな炭でもいいわけではなく、竹炭や備長炭などの浄化効果の高い炭を使用してください。

 

使用する際は1Lに対して150gの炭を入れ、半日〜1日ほど置いておくだけです。

 

また、炭は使用する前にたわしなどを使って綺麗に洗ってよく乾かしてから使用してください。

 

カワルンちゃん
カルキ抜きが完了したからと炭を抜いた状態で保管してしまうと殺菌効果を失った状態であるため、すぐに雑菌が繁殖してしまいます。使用する直前まで炭は取り除かないようにしてください。

 

【カルキ抜き剤の代用品③】汲み置き

 

特に大きな道具も必要なく簡単にできるのが、バケツやペットボトルを使った方法です。

 

方法はとっても簡単で、水を入れて放っておくだけです。

 


 

この時、カルキ抜きにかかる時間は・・・

 

  • 日向・・・半日〜1日
  • 日陰・・・2〜3日程度

 

と、場所によってかかる日数が異なります。

 

カワルンちゃん
バケツを使用する場合はカルキ抜き最中に水の中に埃やゴミが入ってしまわないようにラップなどで覆っておくようにしてください。

 

【カルキ抜き剤の代用品④】煮沸

 

水の中に含まれるカルキは、一度火にかけて沸騰させることで抜くことができます。

 


 

水を鍋に入れて火にかけ沸騰したら、そのまま40分ほど沸騰させつづけてください。

 

この方法は、沸騰が完了した後も冷ます必要があるため、すぐに使用したい場合には不向きな方法です。

 

また、水は沸騰させることでミネラルも破壊されてしまいますので、一度に全ての水を沸騰させた水と交換してしまうと魚が酸欠状態になってしまいます。

 

カワルンちゃん
三分の一だけ沸騰させた水を使用するか、エアーポンプで空気を送り込んであげるなどの工夫が必要になります。

 

【カルキ抜き剤の代用品⑤】レモン

 

カルキは、ビタミンと結びつくと酸化ビタミンという違う物質に変わるため、レモンを水道水に加えることで簡単にカルキを抜くことができます。

 

使用する際は、1Lで2〜3滴ほどのレモン汁か輪切りのレモンを入れるだけです。

 

レモンを用意するのが難しい場合はコンビニやスーパーで購入できる市販のレモン汁でもOKです。

 

Lに対しての使用量もかなり少なく済みますので、かなりコスパの良い方法ですし、レモンを入れてから長時間放置をする必要はなく、しっかりと混ぜてあげればすぐに使用が可能です。

 

また、メダカや金魚に使用する以外にも自分の飲料水としても活用できるので無駄にもなりません。

 


 

注意点としては、レモンは強い酸性なので水質に影響が出てしまう可能性もあります。

 

カワルンちゃん
そのため、飼育する魚の種類によっては相性が良くない場合もありますので十分注意しましょう。

 

【カルキ抜き剤の代用品⑥】飴

 

意外かもしれませんが、飴でも水道水のカルキを抜くことが可能です。

 

この時、使用する飴は「ビタミンC」に特化した物のみ効果があります。

 

使用方法は、バケツなどに汲んだ水の中に飴を1粒入れ、しばらく溶かすように混ぜてあげるだけです。

 

溶かすように混ぜることで飴に含まれるビタミンCが水道水のカルキと結びつき、違う物質になってくれることでカルキは消滅してくれます。

 

注意点としては、飴には砂糖や添加物が含まれているため水が汚れやすくなる原因になってしまいます。

 

それに伴って悪臭も出やすくなってしまいますので注意が必要です。

 

また、飴は完全に溶けてなくなってくれるわけではないので、カルキ抜きが完了した後飴が残ってしまいます。

 

カワルンちゃん
もちろん新品の綺麗なバケツで使用しただけであれば食べることも可能かもしれませんが、衛生面なども考えると食べるのは得策ではないので、飴は捨てることになってしまいます。

 

まとめ

 

まとめ

 

✔ メダカや金魚を飼育する場合はカルキ抜きは必要な手順である。

 

✔ カルキ抜きを行わなかった場合、長生きすることが難しくなる。

 

✔ 浄水ポットは用意する手間はあるが、手軽にカルキ抜きをすることができる。

 

✔ 炭を使用する場合はカルキが抜けるまで半日ほどかかる。

 

✔ 水を汲んで置いておくだけでもカルキ抜きはできるが時間と場所をとってしまう。

 

✔ 煮沸した水を使用する場合は酸欠にならないようにケアが必要。

 

✔ レモンを入れた水は待ち時間がほぼなくすぐに使用することができる。

 

✔ ビタミンCを含んだ飴で簡単にカルキ抜きできるが、水が汚れやすいので注意