ピリッとした辛さの中にも旨味がとても美味しい麻婆豆腐。

 

手軽に作れるため、よくお家で作って食べる方も多いと思います。

 

しかし、いざ作ろうというときに、味のベースとなる「鶏ガラスープの素が無くて困った…!」なんてことも良くありますよね。

 

カワルンちゃん
やばい!鶏がらスープの素を切らしている。どうしよう…

 

そんなときには鶏ガラスープの素の代用品を知っておくととても便利ですよね。

 

そこで今回は、麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代用品をご紹介していきます。

 

お困りの際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素はなしでもOK?代用品を選ぶポイントは?

 

鶏ガラスープの素とは、名前のとおり鶏肉や鶏ガラをメインとし、たくさんの野菜と一緒にじっくりと時間をかけて煮詰めて作られたスープの素です。

 

サッパリとした中にも深いコクと旨味がたっぷりと含まれており、料理をワンランク上のものにしてくれます。

 

家庭で作る中華料理に用いられることが多いですが、「麻婆豆腐には鶏ガラスープの素は必要なのかな?」「鶏ガラスープの素が無くても美味しくできるのでは?」と思うと人もいるでしょう。

 

結論から言うと、鶏ガラスープの素が無くても麻婆豆腐は作れますが、より美味しく仕上げるためには「あった方がいい」と言えます。

 

鶏や野菜のコクや旨味があるのと無いのでは、料理の仕上がりに大きな違いがあるでしょう。

 

もし手元に鶏ガラスープの素がない場合は「肉や魚がベースになったスープの素」を代用品として選ぶのがおすすめです。

 

理想を言えば、鶏ガラスープの素のように鶏がベースに入っているものがベストですが、その他の肉や魚でも美味しく代用できます。

 

カワルンちゃん
また、麻婆豆腐は中華だから、中華系の調味料しか合わないと思う人もいるでしょうが、ベースがしっかりしていれば、意外とマッチするものですよ!

 

麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代用品はこの7つがおすすめ!

【鶏ガラスープの素の代用品①】中華あじの素

 

炒め物やスープ、チャーハンなどの中華料理を本格的なものにしてくれる中華あじの素は、麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代用品としておすすめです。

 

鶏ガラスープの素と風味がとても近いので、中華あじの素があるなら迷うことなく代用していいでしょう。

 

中華あじの素を代用するときは、そのまま鶏ガラスープの素を使うときと同じで大丈夫ですが、味を見ながら少しずつ入れるようにしてください。

 

カワルンちゃん
オイスターソースなどが入っているので鶏ガラスープの素と比べると味がしっかりしていますが、違和感なく美味しい麻婆豆腐が作れますよ!

 

【鶏ガラスープの素の代用品②】創味シャンタンやウェイパー

 

中華の万能調味料と呼ばれている創味シャンタンやウェイパーも、麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代わりに使うことができます。

 

鶏肉や豚肉などをベースに作られており、調味料としてのパフォーマンスがかなり高いので、どんな中華料理にもマッチするので鶏ガラスープの代用も十分に可能です。

 

創味シャンタンなどは鶏ガラスープに比べると少し味が濃く、塩気も強めなので、代用するときは少しずつ味を見ながら入れるようにしましょう。

 

カワルンちゃん
入れすぎさえしなければ、とても美味しく代用できますよ!

 

【鶏ガラスープの素の代用品③】香味ペースト

 

鶏の出汁ベースにして、にんにく油や香油、調味料などを合わせて作られている香味ペーストも、麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代わりに使うことができます。

 

元々が鶏ベースの調味料なので、いい感じに麻婆豆腐に馴染んでくれますよ。

 

香味ペーストを代用するときは、味をみながら少しずつ使うようにしましょう。

 

カワルンちゃん
味がしっかりめなので、いきないたくさんの量を入れると香味ペーストの雰囲気が強く出てしまうのでご注意を!

 

【鶏ガラスープの素の代用品④】ほんだし

 

お味噌汁や煮物など、和食には欠かせないほんだしも、工夫次第で麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代わりに使うことができます。

 

ほんだしはかつおぶしやかつおエキスをベースにした和風の出汁で、サッパリとしたあじわいが特徴です。

 

しっかりとした味付けの麻婆豆腐に合うのかと不安に思う人もあるでしょうが、意外にマッチして上品な味わいを楽しめるでしょう。

 

ほんだしを代用するときは、そのまま麻婆豆腐に鶏ガラスープの素を入れるときと同じでOKです。

 

カワルンちゃん
ほんだしだけでは少し雰囲気が足りないなと感じる場合は、ゴマ油やしょうゆを少しだけ入れるといいですよ!

 

【鶏ガラスープの素の代用品⑤】かつおだし

 

かつおぶしから抽出して取るかつおだしも、工夫次第で麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代わりに使うことができます。

 

上品で香りだかく、旨味のあるかつおぶしを代用することで、出汁の効いた麻婆豆腐を作れるでしょう。

 

かつおだしを代用するときは、食材を炒め終わったあとに適量のかつおだしを入れて少し煮詰めましょう。

 

カワルンちゃん
あまり入れすぎるとほかの調味料が薄まってしまうので気をつけてください。

 

【鶏ガラスープの素の代用品⑥】昆布だし

 

昆布の旨味がギュッと詰まった昆布だしも、麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代用品としておすすめです。

 

昆布特有の旨味成分がいい仕事をするので、少し和風ながらも美味しい麻婆豆腐を作れるでしょう。

 

カワルンちゃん
昆布だしを代用するときは、味を見ながら少しずつ入れるようにしてください。

 

【鶏ガラスープの素の代用品⑦】コンソメやマギーブイヨン

 

洋食作りで活躍するコンソメなども、麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代わりに使うことができます。

 

鶏ガラスープの素に比べるとコクやうまみが強めですが、少し洋風テイストの美味しい麻婆豆腐を作れますよ。

 

コンソメなどを代用するときは、少しずつ味を見ながら入れるようにしましょう。

 

カワルンちゃん
ただ、コンソメの風味があるので、人によっては違和感を覚える場合があるのだけは留意しておきましょう。

 

まとめ

まとめ

 

✔ 鶏ガラスープの素は料理に深いコクと旨味を与えてくれるので、麻婆豆腐を作る際はあった方がいい。

 

✔ 麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代用品は、肉や魚がベースになったスープの素を選ぶといい。

 

✔ 麻婆豆腐に入れる鶏ガラスープの素の代用品は、以下の7つがおすすめ。

 

【中華あじの素、創味シャンタンやウェイパー、香味ペースト、ほんだし、かつおだし、昆布だし、コンソメやブイヨン】

 

✔ 中華あじの素は鶏ガラスープの素に風味が近く、とても代用しやすい。

 

✔ 創味シャンタンやウェイパーは肉系のベースとなった調味料で、量の調整をすれば代用は十分可能。

 

✔ 香味ペーストはにんにく油や他の調味料も入っているが、鶏の出汁がベースになった調味料なので、量さえ気をつければ美味しく代用できる。

 

✔ ほんだしは和風だしなのでサッパリしているが、ゴマ油やしょうゆを足せばいい感じになる。