みなさん、練りごまって家に常備してありますか?

 

なかなか使う機会の少ない調味料なので、欠かさずあります!という方は少ないかもしれません。

 

カワルンちゃん
練りごまなんて家にないよ。どうしよう…

 

また、いざ買っても一回に使う量はそんなに多くないし、余って冷蔵庫に入れたら忘れちゃって次に使う時には分離してて、使えるの?これ…なんてことのある調味料の一つだと思います。

 

今回は、そんな困ったときに役立つ練りごまの代用品をご紹介します。

 

練りごまってそもそも何?どんな料理に使うの?

 

端的に言うと、練りごまは「ごまを擦ったもの」です。

 

しかし、すりごまとは違い「ごまから油分が出てペースト状になるまで擦ったもの」というものになります。

 

ごまには油分が含まれており(ごま油ができるほど油分が豊富です!)、この油分が出てくることでごまの固形部分と混ざり合ってペーストになるのです。

 

すりごまもしっとりしていますが、これも油分が少し出てきているからなんですね。

 

練りごまを使った料理は色々ありますが、ごま豆腐を筆頭に、ごま和えや担々麺の肉みそ、しゃぶしゃぶのごまだれなど、その濃厚さを活かした料理が人気です。

 

練りごまを料理に使うメリット

①ごまは美容と健康に役立つ!

練りごまは100%ごまからできているわけですが、そもそもごまを摂取することでどんな効果があるのでしょうか?

 

昔からごまは栄養価の高い食品として知られており、特にミネラル類(カルシウム、鉄、リン、亜鉛など)が豊富で、骨粗しょう症や貧血の予防に効果があると言われています。

 

また、抗酸化物質のセサミン(よくCMで聞きますよね)が含まれており、細胞の老化やガン化を防ぐ作用があります。

 

このように、ごまは味だけでなく栄養面にも優れているのです。

 

②ごまをそのまま食べるのとはどう違うの?

もちろんそのままのごまを食べるよりも風味は各段に上がり、油分が出ているぶん濃厚になります。(ごまを噛んだ時のあの香りも捨てがたいですけどね…)

 

ごまの周りは固い種皮に覆われており消化されにくいため、そのまま食べると栄養の吸収率がよくありません。

 

しかし、練りごまのように種皮を砕いて中身を擦り潰すことで、栄養の吸収率がグンと上がるのです。一般的に、殻付きのごまよりも2倍近くの栄養を摂れると言われています。

 

また、ごまをそのまま沢山食べるのには限界がありますが、ペースト状になった練りごまは、料理にも使いやすく大量に摂取しやすいのです。

 

もちろんそのままのごまを食べるよりも風味は各段に上がり、油分が出ているだけ口当たりが濃厚になります。

 

練りごまの代用品はこの6つがおすすめ!

 

カワルンちゃん
困ったときにはぜひ活用してみてください!

 

【練りごまの代用品①】すりごま

 

 

これはいわずもがな。

 

材料も全く一緒で、すりごまをもっともっと擦り潰せば練りごまになるわけですから、一番練りごまに近い代用品ということになります。

 

しかし油分が少ないため、練りごまの濃厚さを求めると物足りないと感じるかもしれません。

 

 

【練りごまの代用品②】ピーナッツバター

 

 

ごまは、言わばナッツ。

 

ナッツをペースト状にしたものの代表といえば、ピーナッツバターです。

 

ピーナッツバターといえばパン!というイメージがありますが、意外と料理にもマッチします。風味が異なるのでごまの味を強調したい料理には向いていませんが、練りごまの濃厚さを再現するにはとてもいい代用品です。

 

 

注意する点は、ピーナッツバターには塩分と甘みが含まれていること。直接パンに塗って食べることを想定されているので、しっかりと味が付いていることが多いのです。

 

その他の調味料を調節しながら使用すれば、便利に使える代用品と言えそうです。

 

【練りごまの代用品③】ナッツ類

 

 

ピーナッツ以外にも油分を多く含むナッツ類は沢山あります。

 

例えばクルミや松の実、カシューナッツなど。これらを砕いたり擦り潰して代用するのもありでしょう。

 

ただ、油分がしっかりと出てくるまで擦り潰すにはかなり時間がかかりそうなので、あくまでもナッツの香りを再現するつもりで代用してみてください。

 

 

【練りごまの代用品④】ごまドレッシング

 

 

サラダに人気のごまドレッシングですが、これもまたごまが大量に入っている調味料です。

 

ドレッシングなので酢が入っており酸味がありますが、ごまの風味がしっかりと感じられるので、使いやすい代用品であると言えます。

 

酢は加熱すると酸味は飛んでうまみが出るので、しっかりと加熱をする料理の時に代用してみましょう。

 

 

【練りごまの代用品⑤】中東フードのタヒニ

 

 

海外に在住していて、練りごまはなかなか手に入りにくい!なんて方、もしかしてタヒニ、芝麻醤は身近に売っていませんか?

 

タヒニは中東諸国でよく食べられているごまペーストです。近年マクロビオティックやローフードに関心のある人の間で話題になっている調味料です。

 

 

ごまペーストなら練りごまと同じ!と思いきや、日本のものとは少し製法が異なります。

 

日本の練りごまはいったん焙煎してからペーストにするのですが、タヒニは生ごまをペーストにしたもの。味わいは、日本の練りごまよりも香りは薄め、味は濃厚なのが特徴のようです。

 

何より生のごまを使用しているので栄養価が高いと言われています。せっかくなので、生で調理するものに使いたいですね。

 

【練りごまの代用品⑥】中華調味料の芝麻醤

 

 

中華調味料の芝麻醤は、ほとんど日本の練りごまと同じ製法で作られており、一番練りごまに近い調味料かもしれません。

 

日本の練りごまはごま自体の油分を利用してペーストにしているのに対し、芝麻醤はさらにごま油やサラダ油、調味料を加えてなめらかに伸ばしたものです。

 

練りごま以外の調味料を使う料理には、最適といえるでしょう。

 

 

 意外と簡単!練りごまの作り方レシピ

 

お手軽に練りごまの代用品を使うのも良いですが、少し時間があるなら手作りしてみませんか?おうちにある材料で意外と簡単にできるんです。

【用意するもの】

✔ いりごま(もしくはすりごま)

✔ ごま油

*ごま100gに対して大さじ1のごま油の分量です

作り方

  1. ごまとごま油をフードプロセッサーに入れ、攪拌します。
  2. ごまから油分が出て、ごま油と全体的になじんでペースト状になれば完成!

*フードプロセッサーがない場合や、少量を作りたい場合(フードプロセッサーでは少量を作ることが難しいです)は、すり鉢とすりこぎで材料を擦り潰しましょう。その時、油は少しづつ足しながら擦り潰すときれいなペーストになります。

*作った練りごまは、油が酸化する前になるべく早く使い切るようにしましょう。使い切りの分量で作ることをオススメします。

 

カワルンちゃん
練りごまは材料がシンプルなので、ちょっと使いたいときに手元にある材料で作れるのが助かりますね。

 

おすすめ!練りごまを使ったおすすめ料理

 

 

*ごま豆腐

やはり練りごまといえばごま豆腐のイメージがありますよね。手作りのごま豆腐は薫り高く、濃厚!

 

*ごま和え

こちらは一転シンプルな料理。普段はすりごまを使われる方が多いと思いますが、練りごまを使うと濃厚な味わいとなり、ご飯やお酒にぴったりな一品に仕上がります。

 

*担々麺

担々麺の肉みそにもぜひ使用してみてください。すりごまを使ったものよりも格段に香りのある肉みそに仕上がります。

 

まとめ

まとめ

 

 練りごまとは、すりごまを油分が出るまで更に擦り潰し、ペースト状にしたもの。

 

 ごまを食べるよりも練りごまを食べた方が栄養の吸収か良い。

 

 代用品には、すりごま、ピーナツバターなど、油分の多いナッツ類を使う。

 

 すりごまとごま油の材料2つで手作りできる。

 

 濃厚さを活かした料理に使うのがベスト。