シチューを作っていて、あとは仕上げ……という段になってルーが足りなくなることってよくありますよね。

 

カワルンちゃん
やばい!ルーが足りない。どうしよう…

 

わざわざルーを追加で買ってくるほどではない、だけどこのままじゃイマイチ…。

 

そんな時、ちょい足しで美味しく仕上げる方法があればとお困りの方に今回は、『シチューのルーが足りないときの対処法』をご紹介します!

 

市販のシチューのルーとは!?原材料と製造方法

 

できるだけ近い代用品を用意するには、シチューのルーがどんなものから作られているか知るのが大切です。

 

そこで、まずは原材料を見ていきましょう。

 

シチューの原料

 

  • 食用油脂
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • コーンスターチ
    (※とうもろこしから作られた片栗粉のような粉末で、片栗粉同様にとろみをつけるはたらきがあります)
  • クリーミングパウダー
    (※クリームの風味をつけるために加えます)
  • 食塩
  • ホエイパウダー
    (※チーズの製造過程で出る液体「ホエイ」を粉末にしたもの。脱脂粉乳の代用品として用いられます)

 

以上のように、小麦粉とバターを焙煎し、作られたベースの中に調味料ととろみの素、コクを出すための乳成分を加え、冷やし固められたものが市販のシチューのルーになります。

 

「そう言われると家でも作れそうな気がする」と思われた方もいるかもしれませんね。……実はシチューのルーは家でも作れるんです!

 

小麦粉とバターを炒め、牛乳やチーズ、生クリームなどを足すことで美味しい手作りシチューの完成です!

 

以上の手順で作れば、ルーが足りないときも足りない分のルーを作って足せば完璧に仕上がります。

 

しかし、手間をかけたくない方や、家にバターがない方もいるかと思います。

 

カワルンちゃん
そこで、ここからはルーを作る方法を含め、身近なもので不足したルーの代わりになるものを詳しくご紹介していきます!

 

ちょい足しで完成!シチューのルーが足りない時の対処法

 

ルーが足りない、と言っても、すごく足りない場合から「もうちょびっとなんだけど……」という場合もあるかと思います。

 

お好みもありますし、どのくらい足せば良いかははっきりとは言えませんが、いずれの場合も「加えたあとしっかり混ぜて加熱し、味を見ながら調整する」のがオススメです。

 

①炒めた小麦粉+バター+牛乳

「ac 写真 小麦粉」の画像検索結果

 

上述した通り、炒めた小麦粉とバターでシチューのルーを作ることができます。

 

小麦粉を多めにするととろみが出、バターを多めにするとコクが出ます。

【用意するもの】

✔ 小麦粉

✔ バター

✔ 牛乳

✔ 塩コショウ

✔ フライパン

手順

  1. 小麦粉とバターが1:1の割合になるよう予め重さを測っておきます。
  2. フライパンにバターを溶かし、小麦粉を入れて炒めます。
  3. よく炒まったら牛乳を足して煮詰め、シチューに加えましょう。
  4. 少し物足りないようなら味を塩コショウで調えてください。

 

②小麦粉+バター

「ac 写真バター」の画像検索結果

 

炒めるのは面倒、という方は、以下の方法でもOKです。

 

小麦粉とバターを練り合わせたものを「ブールマニエ」と呼びますが、それを利用してコクととろみを出します。

 

こちらも足りない量に合わせて調整して作ってください。

【用意するもの】

✔ ボウル

✔ 小麦粉

✔ バター

✔ 40℃程度のぬるま湯 少量

✔ 塩コショウ

手順

  1. 小麦粉とバターが1:1の割合になるよう予め重さを測っておきます。
  2. ボウルに小麦粉とバターを合わせます。
  3. 2を手で練り合わせ、ぬるま湯を加えペースト状になるよう混ぜます。※このときダマにならないよう気をつけてください。
  4. 塩コショウで味を調え、シチューに加えましょう。

バターは高温で溶かしてしまうと、乳成分と油分が分離し味が落ちてしまいます。

 

カワルンちゃん
必ず人肌程度のぬるま湯を使いましょう!

 

 

③コンソメ+小麦粉+牛乳

 

コンソメで旨みを足しつつ、小麦粉でとろみをつけます。

 

コンソメは鶏がらスープの素や中華スープの素でも代用できます。

【用意するもの】

✔ 水

✔ 小麦粉

✔ コンソメ

✔ 牛乳

✔ 塩コショウ

手順

  1. コンソメを水に溶かします。
  2. 1に小麦粉を入れ、ダマにならないようよく混ぜます。
  3. これをシチューに加え、加熱して溶かします。溶けとろみが出たら牛乳を加えます。
  4. さいごに塩コショウで味を調えましょう。

 

 

④片栗粉と牛乳

 

片栗粉でとろみを出し、牛乳でコクを出します。

 

牛乳がない場合は水でもOKですが、コクが足りない場合はバターやチーズを加えましょう。

【用意するもの】

✔ 片栗粉

✔ 牛乳

✔ ボウル

手順

  1. ボウルに片栗粉と牛乳を1:2の割合で入れ、よく溶かします。
  2. 1を少量シチューに加え、しばらく加熱します。
  3. お好みの固さになるまで2を何度か繰り返しましょう。

カワルンちゃん
一気に多量の片栗粉を入れると固まりすぎる恐れがありますので、必ず少しずつ調整するようにしましょう。

 

 

⑤コーンスターチ+牛乳

「ac 写真 コーンスターチ」の画像検索結果

 

コーンスターチには、とうもろこしのデンプンが含まれており、とろみをつけるはたらきがあります。

 

小麦粉よりとろみをつける力が強いので、片栗粉のように少量ずつ混ぜ様子を見てください。

 

さらに牛乳とバター、コンソメを加えることによって旨みとコクを出すことができます。

【用意するもの】

✔ コーンスターチ

✔ 牛乳

✔ 溶かしバター

✔ ぬるま湯

✔ 顆粒コンソメ(味の素、鶏がらスープの素でも代用可)

手順

  1. ボウルにコーンスターチと牛乳を入れ溶かします。割合の目安としてはこちらも1:2です。
  2. 1に塩コショウ、コンソメ、溶かしバターを混ぜます。生クリームがあれば、このとき一緒に入れます。
  3. シチューに少量加え、加熱します。
  4. お好みの固さになるまで何度かに分けて加えましょう。

カワルンちゃん
「生クリーム」があるとさらに美味しく仕上がりますよ!

 

 

⑥じゃがいも+チーズ

「ac 写真 じゃがいも」の画像検索結果

 

じゃがいもに含まれるデンプンを利用し、とろみを出します。

 

とろけるチーズや粉チーズを一緒に加えることでコクが出ます。

【用意するもの】

✔ じゃがいも

✔ チーズ

手順

  1. じゃがいもを1cmの角切りにし、電子レンジでしっかりと火を通します。
  2. 1とチーズをシチューに加え煮込めば完成です。

カワルンちゃん
じゃがいもは、擦り下ろしてレンジで加熱してもOKです。

 

⑦ごはん+チーズ

「ac 写真 ごはん」の画像検索結果

 

細かくしたご飯のデンプンでとろみを出し、とろけるチーズや粉チーズでコクを出します。

【用意するもの】

✔ ご飯

✔ 包丁

✔ チーズ

手順

  1. ご飯を包丁で細かく刻みます。
  2. チーズと、1を少量ずつシチューに入れ煮込みます。
    ※こちらも様子を見ながら、お好みのとろみになるまで何度かに分けて加えてください。

ご飯はミキサーにかけて細かくしてもOKですし、おろし金でおろしたお餅でも代用できます。

 

カワルンちゃん
少し不思議な感じですが、ご飯の甘みも加わって美味しいですよ!

 

そのまま活かす?シャバシャバシチューのアレンジ法

 

最後にルーが足りないシチューを、思い切ってアレンジする方法もご紹介します。

 

ケガの功名?いつもと違って気分も変わり結果オーライ、なんてこともあるかもしれません。

 

アレンジ法

 

  • 茹でたパスタにかけて、黒胡椒とチーズでカルボナーラ風パスタ
  • カレーのルーを足してカレーシチューに
  • オムライスにかけてシチューオムライス
  • ご飯とシチューをバターで炒め、とろけるチーズをのせてオーブンで焼いてドリアに

 

カワルンちゃん
もちろん残ったシチューのアレンジとしてもオススメです!その場合はシチューをお水で少し緩くしてから使ってくださいね。

 

まとめ

まとめ

 

✔ 市販のシチューのルーは、小麦粉とバターを焙煎した中に、調味料ととろみの素、乳成分を入れたもの。

 

✔ 小麦粉とバターを炒めることで手作りのルーを作ることができる。

 

✔ ルーを作って足す他に、コンソメ+牛乳+小麦粉を加えてもOK。

 

✔ コーンスターチ+牛乳+バターを加え、塩コショウとコンソメで味を調える方法もある。

 

✔ 細かくしたじゃがいもや、刻んだご飯をシチューの中で煮崩すことでとろみを出すことができる。