プリンのようなお菓子を作るとき、「しまった!バニラエッセンスがない!」と慌てたことはないでしょうか?

 

カワルンちゃん
やばい!バニラエッセンスがない。どうしよう…

 

バニラエッセンスなしでもお菓子は作れますが、美味しそうなあの香りがあるかないかで、仕上がりに差が出てしまいますよね。

 

かといって、わざわざ買いに行くのも面倒…。そんなときは、他のもので代用してみましょう!

 

今回は困ったときに役立つ『バニラエッセンスの代用品』をご紹介していきます。

  

バニラエッセンスを使う目的は?

 

バニラエッセンスは、お菓子に香りを付けるために使われます。

 

バニラの甘い香りが嗅覚を刺激し、お菓子をより美味しそうにみせてくれますよね。

 

また、牛乳や卵の臭みを消す役割も持っています。

 

ただ、バニラエッセンスには甘さがほとんどなく、使わなくてもお菓子の味自体はほぼ変わりません。

 

言ってしまえば、バニラエッセンスなしでもお菓子は作れるのです。

 

しかし、お菓子の風味が欠けてしまうと、味気ないものになってしまいます。

 

カワルンちゃん
バニラエッセンスがなくても、代わりに香り付けのできるアイテムで、風味をアップさせましょう!

 

バニラエッセンスの代用品はこの11つがおすすめ!

【バニラエッセンスの代用品①】ラム酒

ラム酒は、サトウキビを原料に作られる蒸留酒。カラメルを焦がしたような、少し苦みのある甘いお酒です。

 

レーズンバターサンドやチョコレートにも、よく使われていますね。

 

お菓子との相性が良く、香り付けもできるので、バニラエッセンスの代用にピッタリです。

 

 

カワルンちゃん
ちなみに、ラムには「ホワイトラム」「ゴールドラム」「ダークラム」の3種類がありますが、お菓作りには「ダークラム」がおすすめです。

 

【バニラエッセンスの代用品②】ブランデー

ブランデーは「焼いたワイン」といわれるほど、芳醇な香りが特徴的なお酒です。ラム酒と同様、お菓子の香り付けによく使われています。

 

焼き菓子はもちろん、プリンとの相性もバツグン。

 

 

ちょっぴりほろ苦い大人の味わいがクセになり、バニラエッセンスよりこっちの方が好き!という方も多いようです。

 

カワルンちゃん
ブランデーのアルコールは加熱調理でほとんど飛んでしまいますので、安心してください!

 

【バニラエッセンスの代用品③】メープルシロップ

甘い香りのメープルシロップも、バニラエッセンスの代用に使うことができます。味にクセがないので、色々なお菓子と合います。

 

 

バニラエッセンスの代わりに使う場合は、メープルシロップを入れた分、少し砂糖の分量を減らしてくださいね。

 

カワルンちゃん
あまり入れすぎると水っぽくなってしまうので、少しずつ様子をみながら加えましょう。

 

【バニラエッセンスの代用品④】アールグレイ

柑橘系のベルガモットの香りが豊かなアールグレイは、お菓子作りにもよく使われる茶葉です。

 

アールグレイのパウンドケーキやクッキーなど、よく見かけますよね。

 

 

茶葉を細かくして投入すると、香りづけだけでなくちょっとした食感も楽しめます。

 

カワルンちゃん
プリンに入れると、少し上品な味に仕上がりますよ!

 

【バニラエッセンスの代用品⑤】チョコチップ

香りだけでなく、味にアクセントをつけたいときはチョコチップが役立ちます。大人にも子供にもうけるアイテムですよね。

 

焼き菓子はもちろん、カスタードやプリンともよく合います。

 

 

カワルンちゃん
チョコチッププリンは市販ではなかなか見かけないので、手作りならではの味わいですね。

 

【バニラエッセンスの代用品⑥】ココナッツオイル

バニラの香りと少し似ているココナッツオイルも、香り付けにおすすめです。

 

プリンに混ぜる場合は、あらかじめ液体に戻してからココナッツオイルを入れると良いでしょう。

 

 

カワルンちゃん
入れすぎるとくどくなってしまうので、少しずつ、香りをみながら調整していきましょう。

 

【バニラエッセンスの代用品⑦】レモン汁

爽やかな風味が好きな方におすすめしたいのがレモン汁。

 

いつものレシピが一味違った仕上がりになります。

 

 

カワルンちゃん
特に夏の暑いときや、サッパリしたいときにはもってこいのアイテムです!

 

【バニラエッセンスの代用品⑧】カルーア

こってりした味が独特のコーヒー・リキュール、カルーアもお菓子作りにピッタリのアイテムです。

 

 

カルーアミルクが象徴するように、牛乳との相性もバツグンです。

 

カワルンちゃん
ちょっぴり大人の味を楽しみたいときにいかがでしょうか?

 

【バニラエッセンスの代用品⑨】バニラビーンズ

バニラエッセンスはないけどバニラビーンズならある!という場合は、ビーンズで問題なく代用できます。

 

 

香り付けだけでなく、プチッとした食感も楽しめるので、プリンとも相性バツグン。

 

カワルンちゃん
焼き菓子やカスタードなどにも、幅広く活躍してくれます。

 

【バニラエッセンスの代用品⑩】バニラオイル

バニラオイルも、バニラエッセンスの代わりに使うことができます。香りも、バニラエッセンスとほとんど同じです。

 

 

加熱する場合はバニラオイルの方が香りを残しやすいため、レシピによってはバニラオイルを使用するものも多いですよね。

 

ただ、加熱調理しないもの(アイスやゼラチンで作るプリンなど)にバニラオイルを使うと、ベタベタしてしまうのであまり向いていません。

 

カワルンちゃん
焼き菓子や、蒸したり焼いたりするプリンを作るときに使いましょう。

 

【バニラエッセンスの代用品⑪】バニラシュガー

バニラシュガーは、バニラの香りが付いた砂糖です。

 

普段から紅茶やコーヒーに入れている方もいるのではないでしょうか。

 

バニラシュガーを使う場合は、入れた分だけ通常の砂糖の分量を減らしてくださいね。

 

 

カワルンちゃん
バニラビーンズやバニラオイルに比べて香りは残りにくいですが、手に入りやすいものでもあります。

 

バニラアイスは代用として向かない

 

バニラエッセンスの代わりに、バニラアイスを使えないかと考える方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、バニラアイスで代用することはあまりおすすめできません。

 

理由は、思うように香りがつかないから。

 

バニラアイス1個あたりに使われるバニラエッセンスは、だいたい2~4滴程度。つまり、お菓子にバニラの香りを付けようと思ったら、バニラアイスをまるまる1個投入するくらいの量が必要なのです。

 

その上、バニラアイスに含まれる糖分や脂肪分でお菓子の味が乱れ、美味しく作れなくなることもあります。

 

カワルンちゃん
上で紹介したような、バニラエッセンスの代用品となるアイテムを使ってみてくださいね。

 

まとめ

まとめ

 

 バニラエッセンスは入れなくても、基本的にお菓子は作れますが、美味しそうな仕上がりにするためには、バニラエッセンスは欠かせない。

 

 バニラエッセンスを使う目的は「香り付け」。

 

 バニラエッセンスの代用になるものは、以下の11品がおすすめ。

 

【ブランデー、ラム酒、メープルシロップ、アールグレイ、チョコチップ、ココナッツオイル、レモン汁、カルーア、バニラビーンズ、バニラオイル、バニラシュガー】

 

 バニラアイスはバニラエッセンスの代用品として向かない。