ヘアゴム1つあれば、長い髪の毛をスッキリ1つに結わくことができます。

 

作業時に邪魔な長い前髪だって、ヘアゴムで結わいてしまえばスッキリさせることができます。

 

ヘアゴムは便利なアイテムですが、いつも持ち歩いているとは限りませんよね。

 

持っていないときに限って、「結わきたい!」そんなときってあるものです。

 

カワルンちゃん
やばい!ヘアゴムがない。どうしよう…

 

そこで、今回はヘアゴムがほしい!そんな困ったときに役立つヘアゴムの代用品をご紹介します。

 

ヘアゴムは輪ゴムで代用可能?

 

輪ゴムと言ってもいろいろですが、いわゆる「事務用」として使われている飴色の一般的な輪ゴムは、本来の使用目的が違うので、ヘアゴムの代用としてはお勧めできません。

 

理由は2つ…

 

理由1、摩擦の強さ

 

事務用の輪ゴムというのは、物を束ねることを目的として作られたもので、簡単に取り外せはするものの、摩擦力を強くし束ねた後は取れにくく作られています。

 

そのため、輪ゴムで髪の毛を一旦結ってしまうと、取り外す際に髪の毛一本一本が輪ゴムと複雑に絡みあってしまい取り外しにくく、また、最悪取れなくなってしまうことがあります。

 

理由2、見た目の悪さ

 

事務用輪ゴムは一般的に「飴色(茶色)」をしています。緊急であれば見た目など気にしている場合もないとは思いますが、「何となく貧乏くさい」というイメージが付いてしまっています。

 

幅や細さ、太さまで様々、用途によって使い分けることができますが、あくまでも文房具の一つ。ヘアアイテムとは異なります。

 

ただ、同じ輪ゴムでも「髪を結うための輪ゴム」もあります。

 

事務用の輪ゴムと違い、摩擦力弱く滑りやすいようにできているので、髪の毛が絡むようなこともなくスムーズに結わいたり外したりができます。

 

ヘアゴムの代用品はこの9つがおすすめ!

 

髪の毛に絡むことなく、スムーズに取り外しのできるヘアゴムの代用品をご紹介します。

 

カワルンちゃん
困ったにはぜひ参考にしてみてください!

 

【ヘアゴムの代用品①】ウィッグネット(ヘアネット)

一度頭を通してから前髪を持ち上げるタイプのネットであれば、ウィッグネットでなくても代用可能です。

 

伸縮性に優れていますし、それほど分厚い素材ではないので、髪の毛を一つに結うぐらいのことはできます。

 

 

【ヘアゴムの代用品②】シュシュ

一般的にヘアゴムに布を巻いて作られているものをシュシュといいます。

 

ヘアゴムが使われているので、ほぼヘアゴムと考えてもいいアイテムとなります。

 

シュシュの形状によっては、あまりキツく縛ることはできませんが、それでも髪の毛が邪魔にならないよう一つに結うことは可能です。

 

 

【ヘアゴムの代用品③】マスクのゴムの部分

マスクが勿体ないような気もしますが、マスクの耳をかける部分のゴムを切ればヘアゴムの完成です。

 

一つのマスクから2つのヘアゴムができあがるので、複数ヘアゴムが欲しいときには最適な方法です。

 

最近では、マスクを携帯している人も多いと思われますので、ヘアゴムが急遽必要なときは是非お試しください。

 

 

【ヘアゴムの代用品④】タコ糸やビニールヒモなどの紐類

代用品が何一つ見つからない…そのような場合は、何でもいいのでヒモ状のものがあればそれを代用品にしてしまいましょう。

 

ヘアゴムではないので、クルクルっと簡単に結わくことはできませんが、タコ糸でもビニールヒモでも何でもヒモ状のもがあれば、それで結わいてしまいましょう。

 

見た目はともかく機能してくれれば…という方向けの代用品です。

 

 

【ヘアゴムの代用品⑤】ボールペンなど

 

ボールペンなど適当な長さの棒があれば、それでクルクルっと巻いて止めるという方法があります。

 

ある程度の髪の長さが必要ではありますが、手元にボールペンしかない…そんなときはお試しください。

【用意するもの】

✔ ボールペンのみ

手順

  1. ボールペンを横にし、髪の毛を先端からクルクルと巻き付けていきます。
  2. 髪の毛の根本近くまで巻き付け、そこで1回ひねりしましょう。
  3. ひねって団子状になった髪の毛にボールペンを刺す。これだけでしっかりきれいにまとまります。

 

カワルンちゃん
慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、コツさえ掴めば簡単にまとめられる方法ですので、是非挑戦してみてください。

 

 

 

【ヘアゴムの代用品⑥】ヘアバンド

ヘアバンドは、顔を洗う時など、髪の毛が顔に落ちてくるのを防ぐために使うもの。

 

伸縮性がありますし、輪っか状になっているので、シンプルなデザインであればヘアゴムの代用として可能です。

 

 

【ヘアゴムの代用品⑦】ヘアターバン

ヘアターバンとは、正確にいえばインドなどで良く使われる「布でできた頭に巻く帯」のことなのですが、日本でいうターバンはオシャレ用にできたヘアバンドのような形状のヘアアイテムのことを指します。

 

ヘアターバンとヘアバンドの違いは曖昧ではありますが、ヘアターバンがあればヘアゴムの代わりになるので使ってみてください。

 

 

【ヘアゴムの代用品⑧】ゴムブレスレット

ゴムでできているブレスレットをゴムブレスレットといいます。

 

細いゴムをビーズ等に通して作られたものや、ゴムそのものを編んで作られたものなど種類はさまざまあります。

 

ヘアゴムの代わりとしては、少し抵抗があるとは思いますが、緊急であれば使ってみてください。

 

【ヘアゴムの代用品⑨】アームバンド

アームバンドとは、袖が邪魔なときに袖が落ちてこないよう袖を止めるバンドのこと。

 

事務作業によく使われるアイテムです。いろいろな形状のものがあるので一概には言えませんが、アームブレスレットのようにゴムを編み込んだような形状のものもあるので、そのタイプであればヘアゴムの代用として使うことができます。

 

 

代用品と使うときの注意点やコツなど

 

どのようなものを使うにしても、デザインによってはヘアゴムの代用として向かないものもあります。

 

例えば、ゴムブレスレット。

 

ゴムそのものを編みこんで作られたゴムブレスレットであればヘアゴムとして使用できますが、数珠状にビーズや石が連なっているゴムブレスレットだと髪の毛がひっかかるため代用には向きません。

 

これら代用品に限らず、中にはデザインによってヘアゴムの代用品には向かないものがあります。

 

カワルンちゃん
使うときは無理に結ぼうとはせず、難なく結べるものを選んで使うようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

 

 輪ゴムは、摩擦力が強く、また見た目にも悪いためヘアゴムの代用としてお勧めできない。

 

 ヘアゴムの代用品として以下のようなものがある。

 

【ウィッグネット(ヘアネット)・シュシュ・マスクのゴムの部分・ヘアバンド・ヘアターバン・ゴムブレスレット・アームバンド・】

 

 ヘアゴムの代用として紹介しているものであっても、形状によって代用品にならないものもある。

 

 タコ糸やビニールひも、ボールペンなどもヘアゴムの代用とすることができる。