ザワークラウトやパン、オムレツなどに使われる「キャラウェイシード」。

 

ヨーロッパなどでは定番のスパイスと言われていますが、日本ではとてもマイナーなスパイスです。

 

そのため、「お店でも見かけたこともないし、名前を聞いたこともない!」という人も多いでしょう。

 

カワルンちゃん
キャラウェイシードって何!?そんなのないよ…

 

そんな困ったときには、代用品を使ってみるのもおすすめです。

 

今回は、『キャラウェイシードの代用品になるスパイス』についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

キャラウェイシードとは?代用品を選ぶポイント

 

キャラウェイシードとは、ザワークラウトやパン、オムレツ、ケーキなどに使われるスパイスの一種になります。

 

キャラウェイはセリ科の植物で、西アジアやヨーロッパ東部が原産とされています。

 

「○○シード」というと、タネの部分かと勘違いしてしまいますが、実はタネではなく果実の部分なのです。

 

形が種子の部分に似ていることから、キャラウェイシードと名付けられたと言われています。

 

柑橘系のような爽やかな香りとプチプチとした歯ごたえが特徴で、噛むとほろ苦さやほのかな甘みもあります。

 

カワルンちゃん
キャラウェイシードの代用品を選ぶ際は、独特の爽やかな香りや甘み、ほろ苦さや食感に注目すると良いでしょう。

 

キャラウェイシードの代用品はこの6つがおすすめ!

【キャラウェイシードの代用品①】クミンシード

カレーなどに使われるスパイスの「クミン」。

 

キャラウェイと同じセリ科の植物で、パウダータイプも売っていますよね。

 

クミンシードはクミンのタネの部分のことで、形はキャラウェイシードそっくりです。また、食べるとプチプチとしていて食感も似ています。

 

見た目や食感を重視するなら、キャラウェイシードの代用も可能でしょう。

 

 

しかし、味はエスニック風になり、香りも異なるため、本来のレシピとは違った味わいに仕上がるでしょう。

 

カワルンちゃん
味や風味が異なっても、見た目や食べた感じが良ければいいという場合には代用してみてください。

 

【キャラウェイシードの代用品②】フェンネルシード

魚の香りづけなどに使われる「フェンネルシード」。

 

甘い香りが強いスパイスで、見た目がキャラウェイシードに似ています。

 

また、同じセリ科の植物ということもあり、代用もできそうですね。プチプチとした食感をプラスできるところもおすすめのポイントです。

 

 

ただし、香りや風味はキャラウェイシードと似ていないため、料理によっては独特な甘みが邪魔になってしまうかもしれません。

 

カワルンちゃん
食感や見た目を似せたい場合は、代用品として検討してみても良いかもしれませんね。

 

【キャラウェイシードの代用品③】クローブ

インドのお茶であるチャイのほか、煮込み料理などにも使われる「クローブ」。

 

キャラウェイシードの代わりにクローブを使ってみるのも良いでしょう。

 

 

クローブは、バニラのような甘い香りが特徴のスパイスですが、噛むと鋭い辛さがあるのが特徴です。

 

しかし、調理すると味が和らぎ、食べやすくなります。

 

フェンネルシードとは違い、クローブはつぼみを乾燥させたもの。そのため、形や食感は異なるものになります。

 

カワルンちゃん
柑橘系の爽やかな香りはないため、キャラウェイシードとは異なる仕上がりになりますが、独特の風味のスパイスなので、アレンジ料理には向いていそうですね。

 

【キャラウェイシードの代用品④】粒マスタード

パンやソーセージと相性のよい「粒マスタード」。

 

プチプチとした食感がキャラウェイシードに似ているため、代用が可能です。

 

 

粒マスタードの粒は、からし菜のタネで、辛味が少ないのがポイント。噛んでも辛くないため、ザワークラウトにも使えそうですね。

 

しかし、キャラウェイシード独特の爽やかな風味はありません。

 

食感は似ていても、粒の形が異なるため、見た目がイマイチに感じてしまうこともあるでしょう。

 

カワルンちゃん
また、風味や扱い方が異なるため、パンやケーキへの代用品には向いていません

 

【キャラウェイシードの代用品⑤】ローリエ

カレーやシチューなどの煮込み料理に使われる「ローリエ」。

 

お肉や魚の臭みを取り、風味豊かな仕上がりになるのがポイントのハーブです。

 

 

一般的に乾燥させたローリエを使用し、煮込んでる間は入れておき、できあがったら取り出します。

 

食べられなくはないようですが、多くの場合は臭み取りと香りづけが目的です。

 

そのため、キャラウェイシードの代わりに使用する場合は、食べるためではなく、臭みを取ることとローリエの香りをつけるためと考えると良いでしょう。

 

レシピによっては、ザワークラウトにはキャラウェイシードではなく、ローリエを使うことがあります。

 

カワルンちゃん
キャラウェイシードとは風味が異なりますが、ローリエの爽やかとほんのり甘みのある香りでおいしく仕上がりますよ!

 

【キャラウェイシードの代用品⑥】ディルシード

魚料理と相性の良い「ディル」。

 

キャラウェイシードの代わりに使用するなら、ディルシードがおすすめです。

 

 

ディルはすっきりとした爽やかな香りがあり、ほんのり甘みのある味が特徴。

 

ディルシードも同じような風味があり、見た目や食感はキャラウェイシードと似ていて、大きさも同じくらいです。

 

カワルンちゃん
代用する場合は同じような使い方ができ、風味も似ているため、代わりに使用しやすいのではないでしょうか?

 

まとめ

まとめ

 

 キャラウェイシードの代用品を選ぶ際は、「爽やかな香りやプチプチとした歯ごたえ」「ほろ苦さ」「ほのかな甘み」があるものがおすすめ。

 

 キャラウェイシードの代用には、以下の6つがおすすめ。

 

【クミンシード、フェンネルシード、クローブ、粒マスタード、ローリエ、ディルシード】

 

 クミンシードやフェンネルシードはキャラウェイシードに食感は似ているが、風味や味が異なるため、料理によっては合わない場合もある。

 

 クローブは独特な甘い香りがあるため、アレンジ料理にしたい場合の代用には向いている。

 

 粒マスタードはプチプチとした食感があり、辛味も少ないため、代用に使える。

 

 ディルシードはすっきりとした爽やかな風味があり、見た目や食感、風味がキャラウェイシードと似ているため、代用におすすめ。