氷を砕くのに使う「アイスピック」。

 

カクテルやオン・ザ・ロックに欠かせない丸氷やクラッシュドアイスを作るためのアイテムです。

 

しかし、家庭ではあまり使う機会がないため、「アイスピックがない!」ということも多いでしょう。

 

カワルンちゃん
やばい!アイスピックがない。どうしよう…

 

子供がいる家庭では、危険なので持ちたくないという人もいるかもしれませんね。

 

実は、アイスピックがなくても、バーのようなおしゃれな氷が作れるんです!

 

今回は、アイスピックの代用品や氷の砕き方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アイスピックの代用品はこの12つがおすすめ!

【アイスピックの代用品①】スプーン

金属製のスプーンは、アイスピックの代用に使えます。

 

どこの家庭でもある食器なので、代用しやすいところがおすすめのポイントです。

 

アイスピックとは異なる形をしていますが、スプーンの背の部分で叩けば、簡単に氷が砕けます。

 

 

氷が砕けるとバラバラになるため、手で持てるサイズの氷を使うか、受け皿などを用意しておくと良いでしょう。

 

カワルンちゃん
スプーンならアイスピックのように尖っていないため、安全に使えそうですね。

 

【アイスピックの代用品②】フォーク

フォークもアイスピックの代用におすすめです。

 

スプーンと同じ要領で叩くか、尖った部分で刺すようにすると良いでしょう。

 

 

カワルンちゃん
しかし、スプーンと比べて危険度が増すため、手を傷つけないように注意してください。

 

【アイスピックの代用品③】包丁

料理に欠かせないアイテムである「包丁」。

 

使い方に気をつければ、アイスピックの代用に使えます。

 

 

包丁の刃の部分を使って軽く叩けば、氷を割ることができます。これを数回繰り返してお好みの大きさに砕いていきましょう。

 

大きな氷の場合はまずはまな板の上で行い、小さくなったら手の上に乗せても良いでしょう。

 

カワルンちゃん
ただし、勢いよく包丁を振り下ろすと手や指を傷つける場合があるため、十分に注意してくださいね。

 

【アイスピックの代用品④】ペーパーナイフ

手紙の封筒や書類の裁断に便利な「ペーパーナイフ」。

 

包丁のような形をしていますが、紙を切るための道具なので刃が薄いのが特徴です。

 

アイスピックの代用品としては頼りない感じもありますが、氷を軽く叩くようにすれば砕けます。

 

 

カワルンちゃん
刃物なので扱いに注意が必要ですが、代用品としては軽くて使いやすいかもしれません。

 

【アイスピックの代用品⑤】マイナスドライバー

ネジを留めるのに使用する「マイナスドライバー」。

 

工具では欠かせないメジャーなアイテムですよね。

 

柄がついていて持ちやすく、アイスピックの代用におすすめです。

 

 

マイナスドライバーはアイスピックのように尖ってはいませんが、先端部分で線を描くように叩けば氷を砕けます。

 

カワルンちゃん
新品でないマイナスドライバーを代用にする場合は、しっかりと洗い、消毒してから使うと良いでしょう。

 

【アイスピックの代用品⑥】キリ

板などに穴を開けるのに使う「キリ」。

 

DIYをする人にとってはおなじみの道具かもしれませんね。

 

キリは先端の形状がアイスピックに似ているため、代用が可能です。

 

使い方もアイスピックと同じようにすればOKなので、氷を砕きやすいでしょう。

 

しかし、キリは垂直に押し当ててグリグリと柄を回して使います。そのため、柄の部分がストレートの円柱状で、手が滑りやすいかもしれません。

 

カワルンちゃん
リーチが長いとケガをしやすくなるため、先端近くを持つようにしましょう。

 

【アイスピックの代用品⑦】ミキサー

氷を小さく砕きたい場合は、ミキサーでも代用ができます。

 

氷に対応してミキサーにセットし、スイッチを入れるだけでOKです。

 

カワルンちゃん
手で持ってガシガシと砕くのに抵抗がある人は、ミキサーを使って手軽に砕くと良いでしょう。

 

【アイスピックの代用品⑧】たこ焼きピック

たこ焼きを作る際に使用するピックはアイスピックの代用に使えます。

 

形状が似ているため、同じような使い方で氷を砕けるのがポイントです。

 

カワルンちゃん
ただし、先端部分が金属製でない場合は、代用を控えてください。

 

【アイスピックの代用品⑨】かなづち

釘を打つのに使用する「かなづち」。

 

メジャーな工具なので、工具ボックスに入っているという家庭も多いのではないでしょうか。

 

氷を砕くには十分な力があり、代用が可能です。

 

カワルンちゃん
ただし、工具として使用しているかなづちは衛生的でないため、しっかりと洗って消毒してから使ってくださいね。

 

【アイスピックの代用品⑩】彫刻刀

木版画などで使用する「彫刻刀」。

 

学生時代に買った彫刻刀があるなら、アイスピックの代用に使えます。

 

彫刻刀にはさまざまな刃の種類がありますが、どのような形でも先端部分で氷を砕けるでしょう。

 

少しずつ氷に傷をつけるように叩き、砕いてください。

 

カワルンちゃん
使用する前に洗い、消毒するようにしましょう。

 

【アイスピックの代用品⑪】千枚通し

千枚通しとは穴を開けるための文房具の一種で、目打ちとも呼ばれます。

 

キリのような形をしていて、アイスピックの代用にぴったりです。

 

ただし、アイスピックよりも柄が長く、金属の部分も長いのが特徴です。

 

カワルンちゃん
持ち方に注意し、怪我をしないようにしてくださいね。

 

【アイスピックの代用品⑫】ワインオープナー

ワインのコルク栓を引き抜くために使用する「ワインオープナー」。

 

ワインオープナーには、スクリュータイプやソムリエナイフ、ウイングタイプなど、さまざまな形があります。

 

アイスピックの代用に向いているのはスクリュータイプ。

 

カワルンちゃん
ぐるぐると巻かれた金属の先で氷を叩き、傷をつけて砕きましょう。

 

氷の簡単に砕くためのコツ

 

分厚くてどっしりとした氷を砕くのは、少し大変そうに感じますよね。

 

しかし、実はコツを掴めば簡単に氷を砕くことができます。

 

スプーンを使う場合は、先にも説明したように背の部分で数回軽く叩けばOK

 

他の代用品で先端が尖った物を使う場合は、一度に砕こうとせずに、叩いて線を描くようにするのがおすすめです。

 

カワルンちゃん
線に沿ってヒビが入るため、ある程度は思い通りの形に砕くことができますよ!

 

まとめ

まとめ

 

 アイスピックの代用には、以下の12つがおすすめ。

 

【 スプーン、フォーク、包丁、ペーパーナイフ、マイナスドライバー、キリ、ミキサー、たこ焼きピック、かなづち、彫刻刀、千枚通し、ワインオープナー】

 

 スプーンを使う場合は、背の部分で数回軽く叩いて砕くようにする。

 

 先端が尖った代用品を使う場合は、叩いて線を描くようにするとヒビが入り、ある程度は思い通りの形に砕くことができる。