タルト生地を焼く際に使用する「タルトストーン」。

 

ケーキ屋さんのようなきれいな形のタルトを焼きたいときに欠かせないアイテムです。

 

しかし、頻繁に作るわけでもないのに、タルトストーンをわざわざ用意するのも面倒ですよね。

 

また、「以前買ったけれどしまい失くして見つからない!」ということもあるでしょう。

 

カワルンちゃん
やばい!タルトストーンがない。どうしよう…

 

タルトストーンがなくて困ったときは、代用品を使用するのがおすすめです。

 

そこで今回は、『タルトストーンの代用品』についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

タルトストーンとは?役割と代用品を選ぶポイント

 

タルトストーンは、タルト生地やパイ生地を空焼きする際に使用する重石のことです。

 

空焼きとは、中に何も入れずに焼くことで、タルトの外側の生地のみを焼く方法です。

 

タルトストーンを使用しないと、焼いていくうちに底面から空気が入ってしまうことがあります。

 

その結果、タルト生地が浮いてきてしまい、焼き上がりがデコボコしてしまいます。

 

歪な形になるのを防ぐために、重石として使用するのがタルトストーンなのです。

 

タルトストーンで生地を抑えて焼けば、平らできれいな形に焼き上げることができます。

 

タルト生地はオーブンで焼くことがほとんどなので、オーブンでも耐えられるものを選ぶことがポイントです。

 

カワルンちゃん
また、タルト生地が浮き上がるのを抑えられる力(重さ)がある代用品が良いでしょう。

 

タルトストーンの代用品はこの12つがおすすめ!

【タルトストーンの代用品①】お米

タルトストーンがないときは、身近にあるお米で代用ができます。

 

 

タルト生地にクッキングシートを敷き、タルトの縁までお米を入れて重石にしましょう。

 

タルトストーンの代わりに使用したお米は、焼きあがった後は乾燥してしまいますが、食べることも可能。

 

カワルンちゃん
少し多めに水加減して普通に炊くか、リゾットなどにしても良いですね。

 

【タルトストーンの代用品②】ビー玉

丸くてきれいなビー玉も、タルトストーンの代用に使えます。

 

 

ある程度重さもあり、タルト生地が浮いてくるのを防げるでしょう。

 

カワルンちゃん
ただし、熱が加わって割れる危険性もあるため、十分注意しましょう。

 

【タルトストーンの代用品③】おはじき

平らで丸い形をしたおはじき。

 

タルトストーンと似た形でもあるため、代用が可能です。

 

 

カワルンちゃん
こちらもビー玉と同じくガラス製なので、割れないように注意してくださいね。

 

【タルトストーンの代用品④】小豆

生の小豆はタルトストーンの代用におすすめです。

 

 

代用に使ったあとでも食べられますが、かなり乾燥してしまいます。

 

カワルンちゃん
柔らかくするのに時間がかかることを考えると、食べずにタルトストーンとして再利用する方がよさそうです。

 

【タルトストーンの代用品⑤】アルミホイル

アルミホイルもタルトストーンの代用におすすめです。

 

 

使い方は、タルト生地にバターやオイルを薄く塗り、アルミホイルをぴったりと貼り付けます。

 

重石にはなりませんが、生地の形を整えるのにぴったりです。

 

カワルンちゃん
焼いている途中に浮いてくることもあるため、様子を見てへこませるようにしましょう。

 

【タルトストーンの代用品⑥】お皿

オーブン対応のお皿なら、タルトストーンの代用に使えます。

 

 

クッキングシートの上に乗せるだけなので手軽に代用できるのがおすすめのポイントです。

 

カワルンちゃん
タルト生地にお皿の跡がついてしまうのがデメリットですが、クリームやフルーツを入れれば隠れるので問題なさそうですね。

 

【タルトストーンの代用品⑦】塩

身近な調味料である塩もタルトストーンの代用に使用できます。

 

使い方は、クッキングシートを敷いたタルト生地の上に敷き詰めるだけ。

 

ただし、塩は粒が小さいため、万が一タルト生地についてしまった際に取り除くのが困難になります。

 

カワルンちゃん
注意して乗せるようにしましょう!

 

【タルトストーンの代用品⑧】水槽の石

水槽に使用する石もタルトストーンの代用になります。

 

 

カワルンちゃん
クッキングシートをタルト生地に敷いた上に敷き詰めればOKですよ!

 

【タルトストーンの代用品⑨】王冠

瓶のフタになっている王冠もタイルストーンの代用に使えます。

 

 

カワルンちゃん
王冠はスチールでできているようなので、オーブンに入れても問題ないでしょう。

 

【タルトストーンの代用品⑩】ネジ

工具で使用するネジも、タイルストーンの代用に使用できます。

 

 

クッキングシートを敷いた上にネジを乗せ、オーブンで焼きましょう。

 

カワルンちゃん
焼きあがったあとはネジがかなり熱くなることが考えられるため、扱いに注意してくださいね。

 

【タルトストーンの代用品⑪】十円玉

十円玉は銅で作られているため、オーブンに入れても問題ないでしょう。

 

 

カワルンちゃん
衛生面が気になる人は、お酢やクエン酸で浸けておくときれいになりますよ!

 

【タルトストーンの代用品⑫】庭石

家にある庭石でも、タルトストーンの代用に使えます。

 

カワルンちゃん
きれいに洗って乾かし、クッキングシートの上に乗せて使用してくださいね。

 

タルトストーンなしできれいに焼く方法

 

ここまでタルトストーンの代用品を紹介してきましたが、参考になるものは見つかりましたか?

 

「代用品もない」「違うものを乗せるのに抵抗がある」という場合は、思い切ってタルトストーンなしで焼いてみるのも1つの方法です。

 

先に説明したように、タルトストーンを使用しないと空気が入ってデコボコになってしまうことがあります。

 

しかし、『ピケをし、冷蔵庫で生地をしっかり冷やせば』タルトストーンなしでもきれいに焼くことができます。

 

まずタルト型に生地を敷き詰めたら、生地の底面にまんべんなくピケをしましょう。

 

ピケとは、小さな穴をあけることで、焼いている時に生地が浮き上がるのを防ぐ効果があります。

 

次に冷蔵庫で30分くらい冷やし、生地を落ち着かせます。冷やすことで生地がだれるのを防げます。

 

カワルンちゃん

この方法で焼いても生地が浮くのをある程度防げます!それでも浮いてきてしまう場合は、焼き時間の半分くらいでつまようじなどで刺し、空気を抜くと良いでしょう。

 

まとめ

まとめ

 

 タルトストーンはタルト生地を空焼きする際の重石として使用するアイテムで、焼き上がりをきれいにすることができる。

 

 タルトストーンの代用品を選ぶ際は、オーブンで使用できること、重石の役割があることを重視すると良い。

 

 タルトストーンの代用には、以下の12個がおすすめ。

 

【お米、ビー玉、おはじき、小豆、アルミホイル、お皿、塩、水槽の石、ビールの王冠、ネジ、十円玉、庭石】

 

 ビー玉や石など、食品でない代用品は十分に汚れを落とすなどして衛生面に気をつける必要がある。

 

 代用品もない場合は、タルト生地にピケをして冷蔵庫で十分冷やせば、生地を抑える効果がある。