お菓子つくりをする際に、非常に甘い良い香りをつけてくれるバニラビーンズ。

 

少し珍しい素材ですので、中々スーパーなどには置いておらず、専門店に行かないと手に入らないことも多いです。

 

カワルンちゃん
やばい!バニラビーンズがない。どうしよう…

 

より手軽にバニラの良い香りを楽しみたい場合に、どんな代用品があるでしょう。

 

今回は困ったときに役立つ『バニラビーンズの代用品』についていくつかご紹介していきます!

 

バニラビーンズとは?特徴について 

 

バニラビーンズは、ラン科の植物の一種になります。

 

プリンやバニラアイスなどに甘い香りをつけるために欠かすことのできない素材です。

 

さや状になっている果実の部分を収穫することになりますが、収穫されてすぐの状態ではそれほど香りはありません。

 

時間をかけて発酵させていくことによって、独特の甘い香りが出てくることになります。

 

カワルンちゃん
お次はバニラビーンズの代用品10選をご紹介していきます!

 

バニラビーンズの代用品はこの10つがおすすめ。

【バニラビーンズの代用品①】バニラエッセンス

バニラエッセンスはバニラビーンズから芳香成分を抽出し、抽出した液体をアルコールで薄めて作られている香料になります。

 

バニラビーンズを元として使われていますので、同じように甘い良い香りをつけることができます。

 

 

ただ、アルコールを使用して薄められているため、焼き菓子などへ使用した場合には香りが薄れてしまう可能性があります。

 

そのため、アイスクリームやプリンなどの冷菓への使用に向いています。

 

使い方は香りを付けたい生地などに数滴入れるだけ。これで十分に効果を発揮してくれます。

 

小瓶に入って販売されていることが多く、比較的安価で手に入りやすい代用品です。

 

カワルンちゃん
揮発性が高いため、保管の際に蓋が緩んでいるとアルコールと共に香りも飛んでしまいますので注意が必要です。

 

【バニラビーンズの代用品②】バニラオイル

バニラオイルは基本的にはバニラエッセンスと似ていますが、アルコールではなくオイルを使用して抽出液を薄めています。

 

加熱しないお菓子を作る場合には、入れすぎてしまうとオイルのベタベタとした部分が目立ってしまう可能性がありますので、焼き菓子などを作りたい場合におすすめの代用品です。

 

 

使い方はエッセンスと同様に数滴加える程度で十分に香りをつけることができます。

 

カワルンちゃん
こちらも比較的手に入りやすく、安価であり、小瓶に入っていることが多いので保管に場所も取りません。

 

【バニラビーンズの代用品③】バニラエキストラクト

バニラエキストラクトは、人工甘味料を使用せず、バニラビーンズを直接ウオッカやラム酒などのアルコール度数の高いお酒につけこむことによってつくられているものになります。

 

バニラエッセンスよりも香りをより強く出すことができ、十分に代用品となります。

 

 

バニラビーンズが手に入った場合に、自分でつけこんで置くことによって、オリジナルのものを作ることもできます。

 

カワルンちゃん
ストックしておくといざというとき、便利ですので、おすすめですよ!

 

【バニラビーンズの代用品④】バニラアイス

バニラアイスを代用品として使用する方法もあります。

 

 

カスタードクリームなどを作りたい場合であれば、牛乳・砂糖などもアイスに含まれていますので、バニラエッセンス以外の素材の調節も必要になります。

 

味もしっかりとついていますので、作りたいお菓子によっては手間を省いてくれる部分もあり非常に便利です。

 

カワルンちゃん
工夫次第でさまざまなレシピにアレンジしていくことも可能です!

 

【バニラビーンズの代用品⑤】メープルシロップ

バニラの香りにこだわらなければ、メープルシロップを使用することによって甘い香りをつけることもできます。

 

 

特に焼き菓子などであれば、焼くことによって香りが引き立ちますのでおすすめです。

 

バターや乳製品との相性も良いです。

 

ただ、甘いシロップになりますので、加える砂糖などの甘味の量を調節する必要があります。

 

カワルンちゃん
バニラとは違った甘い香りを楽しむことができますよ。

 

【バニラビーンズの代用品⑥】ブランデー

大人向けではありますが、ブランデーを加えることによって、高級感のある香りをつけることができます。

 

 

これもまたバニラの香りとは違ったものになりますが、レシピによってはより素材を引き立ててくれるでしょう。

 

カワルンちゃん
焼き菓子などの仕上げの香りつけとしておすすめです。

 

【バニラビーンズの代用品⑦】ラム酒

ラム酒もブランデー同様、焼き菓子を作る際の香りつけとして、代用可能です。

 

 

特にドライフツールなどが入っているものに関して相性が良いです。

 

カワルンちゃん
こちらも高級感のある、大人の風味を出したい時におすすめの代用品です。

 

【バニラビーンズの代用品⑧】キルシュ

アルコールは飛ばす必要がありますが、フレッシュな果物を使用するケーキのクリームなどを作りたい場合には、キルシュなどで香りをつけることもおすすめです。

 

 

ほどよくさくらんぼの香りがしますので、ベリー系の果物をトッピングなどに使用したい場合に、非常に良い代用品であるといえます。

 

カワルンちゃん
他にもさまざまな果物などをつけこんで作られているお酒がありますので、小瓶でいくつか揃えておくとさまざまな場面で代用品として活用することができます。

 

 

【バニラビーンズの代用品⑨】バニラの香りのついた市販のお菓子

ミルク系の市販のお菓子の中には、バニラの香りがついているものがあります。

 

ミルククッキーのようなものをケーキの土台に使用することもできます。

 

カワルンちゃん
お菓子つくりの時短にも繋がりますし、お手軽な代用品です!

 

【バニラビーンズの代用品⑩】バニラシェイク

代用品として使用することのできるレシピは限られてくることになりますが、バニラシェイクもしっかりとバニラの香りがついていますので、代用品として使用できます。

 

ただ、バニラアイスよりも氷の割合が多く、水分が多く含まれていますので、使用の際には水分量に気を付ける必要があります。

 

カワルンちゃん
水分量には十分に注意しましょう!

 

まとめ

まとめ

 

 バニラビーンズの代用品には以下の10つがおすすめ。

 

【バニラエッセンス・バニラオイル・バニラエキストラクト・バニラアイス・メープルシロップ・ブランデー・ラム酒・キルシュ・バニラの香りのついた市販のお菓子・バニラシェイク】

 

 エッセンスやオイルにも消費期限が設けられているので、香り付けのためだけもものであっても気を付けておく必要がある。

 

 メープルシロップは天然由来の生ものなので、1歳未満の子どもが食べる可能性があるお菓子については使用を避ける。

 

 香りの良い洋酒を使用する際は、子どもが食べる可能性があるお菓子についてはよくアルコールを飛ばすか、使用を避ける。

 

 バニラアイスを使用する際には、レシピによって含まれているものの内容を確認する必要がある。