お菓子作りで使われるだけでなく、栄養が豊富なので健康面からも注目されている「カカオパウダー」。

 

余計な甘みがなく、カカオ本来の風味やコクが詰まったカカオパウダーは、ワンランク上のお菓子作りに最適なパウダーです。

 

カカオパウダーを使ったお菓子のとりこになる人も多く、自宅で作って気軽に食べたいという人も多いでしょう。

 

しかし、いざカカオパウダーを使いたいと思っても、自宅に置いていないという人も多いと思います。

 

カワルンちゃん
やばい!カカオパウダーがない。どうしよう…

 

今回は、そんな困ったときに役立つ『カカオパウダーの代用品』についてをご紹介していきます!

 

カカオパウダーってなに?特徴や

 

カカオパウダーは、カカオ豆を焙煎しないまま小さく粉砕し、パウダー状にしたものです。

 

そのため、加熱する過程で損なわれてしまう栄養素をそのまま残しているスーパーパウダーなのです。

 

ビタミンやミネラルのほかにも、ポリフェノールやテオブロミンなどが含まれており、健康や美容に効果があります。

 

カカオパウダーの味わいはとても濃厚で、カカオ本来の味を楽しむことができます。

 

ただ、焙煎も甘み足しもしていないので苦味が強く、そのままだと苦手だという人もいることでしょう。

 

ですが、逆に考えると自分でお好みの甘さに調整できるということでもあります。

 

また、カカオパウダーは栄養満点のスーパーフードなので、お菓子作りで使用するほかにも、「何とか手軽に摂取したい!」と考える人もいることでしょう。

 

しかし、カカオパウダーはそのまま食べると、苦みや粉っぽさで飲み込みづらいので、ウッとなってしまいます。

 

カワルンちゃん
お菓子にする以外でカカオパウダーを摂取するためには、砂糖やミルクを足してココアのようにして飲んだり、ヨーグルトやシリアルにかけて食べたりするといいでしょう。

 

カカオパウダーはココアパウダーで代用はできる?

 

カカオパウダーとココアパウダーを混同して間違えてしまう人も多いですが、この2つは似ているようで別ものです。

 

同じカカオ豆から作られていますが、前述したようにカカオパウダーは生のパウダーですが、一方のココアパウダーは焙煎して作られているものなので味わいは多少異なります。

 

しかし、この2つは同じカカオ豆のパウダー。

 

使い方次第では代用品とすることが可能です。

 

ココアパウダーはカカオパウダーと同様に基本期には無糖なので、甘味に邪魔されないコクがあります。

 

真のカカオ好きからするとココアパウダーの代用は物足らないかもしれませんが、困ったときの代用品としては十分に役立ちます。

 

カワルンちゃん
お次はココアパウダー以外でカカオパウダーの代用品になるものをご紹介していきますね。

 

カカオパウダーの代用品はこの6つがおすすめ!

【カカオパウダーの代用品①】高カカオの板チョコ

 

「カカオ70%」「カカオ95%」など、高カカオの板チョコもひと工夫することでカカオパウダーの代用品とすることが可能です。

 

食べたことがある人ならおわかりでしょうが、高カカオの板チョコはカカオ率が高ければ高いほど、甘味はなく苦味とカカオのコクが増しています。

 

70%代であればまだチョコレートのような甘みを感じることができますが、90%を超えるものは「本当にチョコなの?」と感じる人が多く、よりカカオを実感することができるでしょう。

 

そのため、カカオパウダーの代用品として使う場合は、高カカオの板チョコの中でもカカオ率が90%を超えるものがおすすめです。

 

カワルンちゃん
このチョコを包丁で細かく削ると、カカオパウダーの代用として使うことができます!

 

【カカオパウダーの代用品②】カカオニブ

 

カカオニブは、美容や健康に気を遣っている人から注目されているスーパーフードです。

 

抗酸化作用や美肌効果が期待できるので、多くの女性が愛用しています。

 

カカオニブは焙煎したカカオ豆を砕いたもので、チップ状になっているのでヨーグルトやシリアルにまぶして摂取している人が多いです。

 

そんなカカオニブも、ひと手間加えるだけでカカオパウダーの代用品とすることができます。

 

カカオニブはチップ状なので、カカオパウダーの代用品にするときはフードプロセッサーなどで粉々にしてから使うといいでしょう。

 

カワルンちゃん
苦味のあるコクが、カカオパウダーの代わりをしてくれます。

 

【カカオパウダーの代用品③】カカオマス

 

カカオ豆を焙煎し、すりつぶしたカカオマスは、カカオパウダーの代用品にすることができます。

 

カカオマスはチョコレートの素となるもので、コレにカカオバターや砂糖を加えることで甘いチョコレートを作ることができます。

 

しかし、カカオマスだけではとてもビターな状態です。

 

お菓子作りにとても使いやすく、溶かしてペースト状にしてから使用しましょう。

 

カワルンちゃん
形状こそ違いますが、ちゃんと代用品として使うことができます。

 

【カカオパウダーの代用品④】キャロブパウダー

 

ココアパウダーの代用品として使われることもあるキャロブパウダーは、場合によってはカカオパウダーの代用品とすることができます。

 

 

キャロブとはイナゴ豆と呼ばれるマメ科植物の1つで、栄養豊富な上にノンカフェインなので健康志向の人から注目を浴びています。

 

カカオに似た風味を持っており、チョコ風味のものを食べたいけどカロリーが気になるという人のダイエット用のおやつを作るには持ってこいです。

 

そんなキャロブパウダーですが、キャロブ自体に甘みがあるため、カカオパウダーの代用品として使う場合はレシピが限られます。

 

カワルンちゃん
後から甘みを足す予定のレシピであれば、キャロブパウダーを使ってもいいでしょう。

 

【カカオパウダーの代用品⑤~⑥】そのほか!みんなのアイディア

◎黒ゴマきな粉

 

◎ナッツ

 

まとめ

まとめ

 

 カカオパウダーは、カカオ豆を焙煎しないまま小さく粉砕したもので、加熱する過程で損なわれてしまう栄養素をそのまま残しているスーパーパウダー。

 

 カカオパウダーはそのままでは食べづらいので、お菓子にする以外ではココアのようにして飲んだり、ヨーグルトやシリアルにかけて食べたりすると良い。

 

 カカオパウダーとココアパウダーは製造工程に違いはあるが、同じカカオ豆のパウダーなので、使い方次第では代用品とすることが可能。

 

 カカオパウダーの代用品は、以下のアイテムがおすすめ。

 

【高カカオの板チョコ、カカオニブ、カカオマス、キャロブパウダーなど】