秋田県の郷土料理であるきりたんぽ鍋は、とても美味しいので大好きだという人も多いことでしょう。

 

きりたんぽ鍋は香ばしいきりたんぽはもちろん、せりがいいアクセントになっているので、せりは欠かせませんよね。

 

しかし、きりたんぽ鍋がしたくても、家族の誰かに「せりが苦手」だという人がいることもあるでしょう。

 

カワルンちゃん
鍋にせりが入れられない。どうしよう…

 

皆で揃って食べたいけど、せり無しのきりたんぽ鍋も寂しいものです。

 

そんなときには、せり以外の代用品を知っておくと便利です。

 

今回は、困ったときに役立つ『せりの代用品』についてご紹介していきます!

 

せりってどんな野菜?特徴は?

 

せりは、セリ科の多年草で、日本では古くから食用とされてきた野菜です。

 

春の七種の1つとしても有名ですよね。

 

日本全国の山野に自生しており、1ヶ所に競り合うように生えることから「せり(競り)」と呼ばれるようになったと言われています。

 

そんなせりは、見た目は三つ葉によく似ていますが、三つ葉と異なり、葉が5枚あるのが特徴です。

 

シャキシャキとした食感と独特な香りや苦みを含む風味が特徴で、人によって好き嫌いが分かれることでしょう。

 

しかし、この独特な香りには、胃腸の調子を整える作用があります。

 

また、せりにはナトリウムの排せつを助けるカリウムや貧血予防に大切な葉酸が豊富に含まれており、栄養面でも優秀です。

 

さらにさらに!他にもβカロテンやビタミンCなども含まれており、抗酸化作用が期待できます。

 

カワルンちゃん
体にいいだけでなく、アンチエイジング効果もあるせりは、女性にはとっても嬉しい野菜なのです!

 

せりの代用品はこの11つがおすすめ!

【セリの代用品①】三つ葉

和食の脇役として活躍する三つ葉は、せりの代用品とすることができます。

 

 

三つ葉には独特だけど上品な香りや風味があり、それがせりの代わりになってくれるのです。

 

せりを代用するときは、そのまませりを使うときと同じでOKです。

 

カワルンちゃん
見た目もせりに似ているので、せりがないときには是非三つ葉を代用するといいでしょう。

 

【セリの代用品②】パクチー

パクチーは、タイ料理やベトナム料理など、エスニックには欠かせい野菜です。

 

せりと同様に独特な香りや風味を持っており、せりの代用品とすることができます。

 

 

パクチーを代用するときは、そのまませりを使うときと同じでOKです。

 

カワルンちゃん
多少風味は異なりますが、せりが入っているような雰囲気を出すことはできるでしょう。

 

【セリの代用品③】クレソン

ステーキの付け合わせによく使われているクレソンも、せりの代用品として使うことができます。

 

 

クレソンは食感がかなりせりに似ており、風味も近いものがあるので、きりたんぽ鍋以外にもせりを使ったレシピで代用されることが多いです。

 

カワルンちゃん
せりの代用品としては、かなりクオリティが高いですよ。

 

【セリの代用品④】セロリ

セロリは、茎の部分を生で食べたり、スープの具にしたりして使うことが多いですよね。

 

葉の部分は持て余してしまう人もいることでしょうが、この葉の部分こそ、せりの代用品として使うことができます。

 

 

セロリの葉は見た目がせりや三つ葉によく似ており、せりに近い独特な風味や香りがあります。

 

カワルンちゃん
シャキシャキとした食感もあるので、違和感なく代用することができるでしょう。

 

【セリの代用品⑤】水菜

水菜は鍋やサラダ、おひたし、スープなどに活躍する汎用性が高い野菜です。

 

シャキシャキとした食感があるので、その特徴を活かして、クレソンの代用品とすることも可能です。

 

 

ただ、水菜はクセがないので、せりの独特な風味や香りが好きだという人には、物足りなく感じるかもしれません。

 

カワルンちゃん
せりの彩りや食感を求めて代用する分には十分な野菜ではあるので、独特な風味を持つ野菜が苦手!という家族がいるときは、水菜を代用するといいですよ。

 

【セリの代用品⑥】小松菜

クセが少ないでどんなレシピでも使いやすく、栄養も満点な小松菜もせりの代わりにきりたんぽ鍋に入れることができます。

 

 

茎の方はシャキシャキとした食感があり、せりのような食べごたえがあるでしょう。

 

カワルンちゃん
ただ、水菜と同様にクセが少ないので、せり好きな人には物足りないかもしれません。

 

【セリの代用品⑦】春菊

鍋に入れることが多い春菊も、せりの代用品とすることができます。

 

 

春菊は独特な香りと少しの苦味があり、それがせりの代わりを果たしてくれるのです。

 

また、春菊は煮詰めすぎるとクタクタになって、苦味が強くなってしまいます。

 

せりにより近い状態を楽しみたいのであれば、春菊は煮詰まる前にサクッと食べるのがベストです。

 

カワルンちゃん
適度に煮る程度ならシャキシャキとした食感もあるので、美味しく代用することができるでしょう。

 

【セリの代用品⑧】カブの葉

食べずに捨てられることもありますが、炒め物やおひたし、ふりかけなどにして楽しめるカブの葉も、せりの代用品としてきりたんぽ鍋に入れることができます。

 

 

少し固さがあるので、気になる人は軽く茹でてから使うといいでしょう。

 

カワルンちゃん
栄養がたっぷりなので、健康に良い代用品ですよ!

 

【セリの代用品⑨】大根の葉

カブの葉と同様に扱われることが多い大根の葉も、せりの代用品とすることができます。

 

 

カブの葉と比べると少し苦味があり、大人の味と言えるでしょう。

 

シャキシャキとした食感もあるので、美味しく代用できますよ。

 

カワルンちゃん
固さが気になる人は、カブの葉と同様に下茹でしてから使いましょう!

 

【セリの代用品⑩】豆苗

豆苗は、えんどう豆の若菜で、噛むとほんのりとした甘味がある野菜です。

 

クセのない風味なのでどんな料理にも合いますし、シャキシャキとした食感があるので、せりの代用品とすることができます。

 

 

ただ、水菜と同様に風味にクセがないので、物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、食感は申し分ありませんし、子供でも難なく食べることができます。

 

カワルンちゃん
また、比較的入手もしやすいので代用品としては優秀です。

 

【セリの代用品⑪】明日葉(あしたば)

健康食品のイメージが強い明日葉ですが、こちらもせりの代用品として使うことかできます。

 

 

明日葉には独特な香りと苦味や渋みがあるので、もしかしたら子供は食べにくいかもしれません。

 

ですが、大好きだという人にとっては、かなりクセになるお味です。

 

また、鍋だけでなく七草粥での代用にもピッタリです。

 

カワルンちゃん
健康にもいいので、明日葉が好きな人はぜひ代用してみるといいでしょう。

 

まとめ

まとめ

 

 せりはセリ科の多年草で、シャキシャキとした食感と独特な香りや風味がある。

 

 せりにはカリウムや葉酸が豊富に含まれている他にも、βカロテンやビタミンCなども含まれており、健康にも美容にも効果がある。

 

 せりの代用品は、以下の11つがおすすめ。

 

【三つ葉、パクチー、クレソン、セロリ、水菜、小松菜、春菊、カブの葉、大根の葉、豆苗、明日葉(あしたば)】