毎日のスタイリングに欠かせないヘアアイロン。

 

ストレートやカールヘア、いろいろなスタイルを作るのにとっても便利ですよね。

 

でもそこは電化製品。突然壊れてしまって温度が上がらない!なんてこともあり得るものです。

 

また、旅行に行くけど荷物を減らしたいから持っていきたくない、ジムやスーパー銭湯等の外出先なので持っていない!など、すぐに手元に用意できないことも多いでしょう。

 

カワルンちゃん
ヘアアイロンがない。どうしよう…

 

今回はショートヘアの人にもロングヘアの人にも無くてはならない、ヘアアイロンの代用品をご紹介します。

 

ヘアアイロンってどんなもの?種類は?

 

ヘアアイロンは、熱の力で髪の毛をストレートにしたりカールさせたりするものです。

 

髪を挟む部分が板状になっているストレートヘアアイロンと、髪を挟む部分が筒状になっているカールヘアアイロン(通称コテ)の大きく2種類に分けられます。

 

カールヘアアイロンは筒の直径によってカールの大きさが変わるので、スタイリングによって数種類のコテを使い分ける必要があります。

 

◎ボリューム感のあるスタイリングをしたい時には必須アイテムといえます。

 

一方ストレートアイロンは、ストレートだけでなく毛先のカールや使い方によってはウエーブヘアも作ることが出来ます。

 

◎くせ毛やうねりにお悩みの方にオススメです。

 

ヘアアイロンの代用品はこの7つがおすすめ!

 

カワルンちゃん
困ったときにはぜひ代用品として活用してみてください!

 

【ヘアアイロンの代用品①】ドライヤー

「ac 写真 ドライヤー」の画像検索結果

 

 

ヘアアイロンがなくてもドライヤーならある!という場合は、自然なストレートヘアに近づけることが可能です。

 

濡らした髪を、まずは毛流れと反対方向に乾かし始めます。

 

このとき重要なのは、髪の毛の濡らしかた。気になる部分だけではなく、根元までしっかりと濡らしましょう。そうすることでうねりやハネがリセットされ、ストレートにしやすくなります。

 

毛流れと反対方向に根元をしっかりと乾かしたら、毛流れに沿って乾かします。そうするとうねりやハネが取れ、自然なストレートヘアになります。

 

 

また、毛先を乾かす際に指でねじりながら乾かすと、少しカールさせることも可能です。

 

ドライヤーは一番手元にある確率が高いものなので、上手に活用したいですよね。

 

【ヘアアイロンの代用品②】ブラシ

「ac 写真 ヘアブラシ」の画像検索結果

 

 

ストレートにしたいけどヘアアイロンもドライヤーもない!なんて状況の時、ブラシは手元にありませんか?

 

しっかりとタオルドライした髪の毛をブラシで梳かし、そのあとまたタオルドライし、またブラシで梳かします。

 

髪が乾くまで何回か繰り返すと、ストレートヘアになります。

 

少し時間がかかりますが、根気強くやってみてください。ただし、濡れたままの髪は冷えて風邪をひきやすいのでご注意を!

 

【ヘアアイロンの代用品③】カーラー、ホットカーラー

「ac 写真 カーラー」の画像検索結果

 

 

こちらは元祖カールヘアを作るアイテム!ですよね。

 

前髪やカールしたい場所にカーラーを取り付けて、そのまま寝たりドライヤーを当てたりしてカールをつけます。

 

 

ホットカーラーならドライヤーなしで使うことができ、いざというときにはとても便利です。

 

ただ、カーラーをして寝ると外れやすいため、初心者には不向きかもしれません。

 

【ヘアアイロンの代用品④】三つ編み

関連画像

 

 

ボリュームのある髪形をしたい前日の夜、三つ編みをいくつか編んで寝てみましょう。

 

翌日には編んだ型がついてボリュームのあるスタイルが作りやすくなります。

 

ゆるめの三つ編みだとふんわりとしたウエーブに、きつめの三つ編みだとしっかりとしたウエーブを出すことが出来ます。

 

 

やりたいスタイルにもよりますが、あまり根元からぎっちりと編まないほうが自然なウエーブになります。

 

【ヘアアイロンの代用品⑤】ソックカール

「ac 写真 ソックス」の画像検索結果

 

 

なんと靴下を使ってカールヘアを作ることも可能です!

 

使わなくなった靴下のつま先部分を切って穴をあけ、くるくるとドーナツ状に巻いていきます。これで準備はOK

 

カールヘアを作りたい前日の夜、ドーナツ状の靴下の穴部分からポニーテールなどに縛った髪の毛を通し、毛先から巻き上げていきます。

 

一か所に偏らないように、全体に巻き上げるようにしましょう。

 

根元まで巻き上げたらそのまま就寝。翌朝にはキレイなカールヘアが出来上がります。

 

しっかりとほぐしてスタイリングしましょう。

 

 

【詳しいやり方はこちらの動画をどうぞ!】

 

【ヘアアイロンの代用品⑥】ティッシュカール

「ac 写真 ティッシュ」の画像検索結果

 

 

靴下を代用するのにも驚きますが、なんとティッシュペーパーでカールヘアを作ることもできるんです。

 

まずティッシュペーパーを細長く折りたたみ、棒状にします。

 

ティッシュの真ん中部分に毛先からカールをつけたい部分まで髪を巻き付けていき、巻き付け終わったら、ティッシュの両端を結んで完成です!

 

 

ティッシュペーパーはあまり大きくないので、いくつか作って巻き付けましょう。

 

こちらも前日の夜に仕込んで寝ると、しっかりとしたカールヘアが出来上がります。

 

【ヘアアイロンの代用品⑦】100均で買えるカールヘアアイテム

使い方はソックカールやティッシュカールなどと同じなのですが、商品として販売されているものもあります。

 

使い方も詳しく書かれているため、初心者には扱いやすいアイテムかもしれませんね。

 

代用品を使うときのポイント。ここに気を付けるとキレイなスタイリングが出来る!

 

髪は冷えるときに型がつきますので、ドライヤーなどを使用する場合は最後に冷風をあてるときれいに仕上がり、スタイルが崩れにくくなります。

 

また、三つ編みやソックカールなど、前日から仕込んで置く場合、少し湿った髪の方が跡が残りやすくなります。

 

ただ、あまり湿りすぎていると翌朝までに乾いていなかったり雑菌が繁殖しやすくなりますので、その点は注意しましょう。

 

まとめ

まとめ

 

 ヘアアイロンとは髪に熱を与えてスタイリングするもの。

 

 大きく分けてストレートとカールの2種類がある。

 

 代用品にはドライヤーなど熱を加えるものが有効。

 

 三つ編みヤソックカールなど、前日から仕込んでおくこともできる

 

 ヘアアイロンを使用する際は、髪をしっかりと乾かしてから使用すること。