料理の付け合わせや彩りによく使われる「パセリ」。

 

かじると独特の苦味があるので苦手だという人も多いですが、それがいいんだという人もたくさんいます。

 

また、パセリをお料理に散らすことで、爽やかな香りと色味を足すことができるため、お料理の仕上げにパセリを使う人もいることでしょう。

 

このようにお役立ちなパセリですが「使いたいときにない!」なんてことはよくありますよね。

 

使用頻度が高くないので、パセリを常備していないお宅も多いでしょう。

 

カワルンちゃん
やばい!パセリがない。どうしよう…

 

そんなときに、パセリの代用になるものを知っておくととても便利です。

 

そこで今回は、困ったときに役立つ『パセリの代用品』についてご紹介します!

 

パセリってどんなもの?

(パセリの露地栽培 出典:Wikipedia

 

 

前述しましたが、パセリは料理の付け合わせや彩りによく使われるハーブです。

 

和名で「オランダセリ」と言われているようにセリ科の植物で、パセリのみずみずしい緑の葉が、よりお料理を美味しく見せてくれることでしょう。

 

しかし、パセリの役割は料理に彩りを添えたり、見た目を華やかにするだけではありません。

 

パセリは食材の臭み消しや香り付けに活躍する優秀なハーブなのです。

 

肉や魚など、そのまま料理に使うと臭みが残ってしまうような食材でも、パセリを使って下ごしらえをするだけで、臭みが取れて爽やかな味わいにすることができます。

 

また、パセリは栄養価も侮れません。

 

ビタミン類やカルシウム、マグネシウム、鉄分などを豊富に含んでおり、出来ることなら日ごろから積極的に摂取したハーブなのです。

 

カワルンちゃん
さらに、口臭予防の効果もありますので、口の臭いが気になる人にもおすすめです!

 

パセリの代用品はこの12つがおすすめ!

【パセリの代用品①】バジル

ピザやパスタなどイタリアンで大活躍のするハーブの「バジル」。

 

ほんのりとした甘さと爽やかな香りが特徴的です。

 

比較的メジャーなハーブなので、市販の乾燥バジルを常備しているという人も多いことでしょう。

 

そんなバジルは、使い方次第ではパセリの代用品とすることができます。

 

 

バジルを代用品にするときは、お料理の仕上げに使って風味付けや彩りに使うといいでしょう。

 

カワルンちゃん
乾燥バジルの場合はそのままパセリと同じ使い方でOKですが、生のバジルの場合は、細かくちぎってから使うのがおすすめです。

 

【パセリの代用品②】青のり

青のりは、焼きそばやお好み焼き、たこ焼きなどで使われることが多いですよね。

 

ソース系の料理との相性がよく、ほんのりと香る磯の香りが食欲をそそります。

 

そんな青のりは、見た目が乾燥パセリに良く似ているので、仕上げの彩りで使うぶんには代用品とすることができます。

 

 

青のりを代用品とするときのポイントは「少量だけ、サッと散らす」ということです。

 

色はよく似ていますが、香りにはかなり違いがあるので、あまりたくさん振りかけると香りや風味に違和感が出てしまいます。

 

カワルンちゃん
あくまで見た目や彩りを出すための代用品であることを覚えておきましょうね。

 

【パセリの代用品③】オレガノ

バジルと同じく、イタリアンでよく使われるハーブの「オレガノ」。

 

爽やかな香りやほろ苦い風味があり、食材の臭み消しや香り付けに大活躍します。

 

そんなオレガノは、使い方によってはパセリの代用品とすることが可能です。

 

 

オレガノを代用品にするときは、食材の臭み消しに使うのがいいでしょう。

 

カワルンちゃん
オレガノの爽やかな香りがパセリの代用品の役割を立派に果たしてくれますよ!

 

 

【パセリの代用品④】ローリエ

ローリエは、「月桂樹」という別名を持つハーブのことです。

 

肉や魚を使った煮込み料理やスープに1枚入れるだけで、臭みを取って爽やかな香りをつけてくれます。

 

そんなローリエも、レシピ次第ではパセリの代用品とすることができます。

 

 

ローリエを代用品にするときは、食材の臭み消しとして使うのがおすすめです。

 

カワルンちゃん
ローリエのバツグンの消臭力が、パセリの代わりに食材の臭みを消し去ってくれますよ!

 

【パセリの代用品⑤】三つ葉

三つ葉は、お吸い物や和え物など、和食に欠かすことができないですよね。

 

独特な風味がありますが、料理にするととても上品な香りがする野菜です。

 

そんな三つ葉も、レシピ次第でパセリの代用品とすることができます。

 

 

三つ葉をパセリの代用品にするときは、パセリの茎を使ったレシピに使うのがいいでしょう。

 

パセリの茎は炒め物やスープに使われることがるので、その際に三つ葉を代用すると、いい感じに代用品として役立ってくれます。

 

カワルンちゃん
風味が異なるので、三つ葉を使うと少し和風のテイストになってしまいますが、しっかりとした風味があるので美味しく仕上げることができます。

 

【パセリの代用品⑥】ディル

爽やかな香りと独特の風味が魅力のハーブである「ディル」。

 

サーモンとの相性がよく、マリネに香草焼きにと大活躍のです。

 

そんなディルも、工夫することでパセリの代用品にすることができます。

 

 

ディルを代用品に使うときは、魚の臭みとりに使うのがベストです。

 

カワルンちゃん
また、ごく少量であれば細かく刻んだり散らすことで、パセリの彩りの代用に使うことができるでしょう。

 

 

【パセリの代用品⑦】ニンジンの葉っぱ

ニンジンの葉っぱは、和洋中問わず、様々な料理で活躍する食材です。

 

ニンジンの方は使い道も多く、汎用性が高いのでとても重宝しますが、葉っぱの方はどうやって使ったらいいのか分からず、捨ててしまう人も多いことでしょう。

 

そんなニンジンの葉っぱも、ひと手間加えることでパセリの代用品とすることができます。

 

 

ニンジンの葉っぱを代用品にするときは、葉っぱをしっかりと乾燥させて、細かく切って使うのがベストです。

 

そうすることでパセリの彩りの再現をすることができるでしょう。

 

カワルンちゃん
もし、ニンジンの葉っぱの用途に困ったときは、乾燥させて保存しておくと便利ですよ!

 

【パセリの代用品⑧~⑫】そのほか!みんなのアイディア

◎青ネギ

 

◎春菊

 

◎青じそ

 

◎あおさ

 

◎大葉

 

イタリアンパセリは代用品に使わない方が無難

 

イタリアンパセリは、名前のとおり、イタリアン料理でよく使われるハーブのことです。

 

パセリと名乗ってはいますが見た目はパクチーによく似ており、爽やかな香りが魅力で、パスタやサラダによく使われています。

 

そんなイタリアンパセリですが、ここでお伝えしているパセリとは別物で、風味も香りも異なるため、代用品にするにはやや不向きと言えるでしょう。

 

カワルンちゃん
名前が似ているので代用品になりそうな気もしますが、よりパセリに近いもので代用したいのであれば、別の代用品を使うほうがいいですよ!

 

まとめ

まとめ

 

 パセリの役割は料理に彩りを添えたり、見た目を華やかにするだけではなく、食材の臭み消しや香り付けもすることができる優秀なハーブ。

 

 パセリの代用品は、以下の7つがおすすめ。

 

【バジル、青のり、オレガノ、ローリエ、三つ葉、ディル、ニンジンの葉っぱなど】

 

 イタリアンパセリでは、風味も香りも異なるため、代用品にするにはやや不向きである。