色合いとしての飾りの役割だけではなく、ハーブとして料理に香りのアクセントも加えることのできるバジル。

 

特にイタリアンには積極的に取り入れていきたい食材の一つです。

 

しかし、「時々しか使わないから常備していない…」「たまたま切らしてしまっている…」といった場合、いざ必要になった時困ってしまいますよね。

 

カワルンちゃん
やばい!バジルがない。どうしよう…

 

今回はそんな困ったときに役立つ『バジルの代用品』についてご紹介していきます!

 

バジルの代用品はこの6つがおすすめ! 

 

トマトやチーズなどのイタリアンな食材と非常によく合うバジル。

 

なくても調理をおこなうことは可能ではありますが、なんだか少し味も物足りなさを感じてしまう部分も出てしまいます。

 

カワルンちゃん
代用品を知っておくことによって、アレンジをしていくこともできますので、オリジナルレシピも考えていくことができますよ!

 

【バジルの代用品①】パセリ

 

乾燥後に砕いてあるタイプのものであれば、見た目にもバジルに似ているパセリ。

 

もちろん代用品として使用できます。

 

 

バジルと同じように振りかけたり飾るなどして、仕上げの見た目を美しく見せることもできますし、肉などの下ごしらえをする際、バジルと同じように臭み消しとして活用することもできます。

 

使い方はほぼ同じですので、使いやすい代用品としてあげられます。

 

ピザなどチーズやトマトを使用した料理は勿論、卵や牛乳などを使用したパスタソースなどにもよく合います。

 

生のものであればサラダに加えたり盛り付けの際のアクセントにも使えます。

 

カワルンちゃん
パセリは比較的手に入りやすい食材ですので、活用しやすい代用品です。

 

 

【バジルの代用品②】大葉

 

和食の食材の中で、薬味としても使用されている大葉ですが、こちらもバジルの代用品として使用できます。

 

風味の面では少し違っている部分もありますが、細かく刻むことによって香りも強くなるため、臭み消しや香りつけに使えます。

 

見た目にも綺麗な緑色をしていますので、仕上げの飾りとしても活用できます。

 

 

特に和風テイストのパスタなどを作りたい場合には、非常によくマッチする代用品です。

 

カワルンちゃん
生の大葉であれば普通にスーパーなどで手に入りますので、手軽に入手することができますね。

 

【バジルの代用品③】ルッコラ(ロケット菜)

 

ルッコラは、葉野菜として販売されていることも多いですが、ハーブの一種として有名なものの一つです。

 

元々イタリア料理ではメジャーな食材として知られています。

 

そんな洋風のサラダなどに入っていることも多いルッコラですが、こちらも代用品として使えます。

 

 

味としては少し苦みがあり、ほのかにゴマに似た風味があります。

 

カワルンちゃん
バジルの代用品として十分に活躍するでしょう。

 

【バジルの代用品④】タイム

 

ハーブの一種であるタイムですが、爽やかで良い香りが特徴です。

 

洋風の煮込み料理を作る際の、食材の臭み消しとして優れた効果を発揮してくれる食材であるため、臭み消しや香り付けをしたい場合にバジルの代用品として使えます。

 

 

カワルンちゃん
タイムは風味が強めですので、使用する量を調節する必要があります。

 

【バジルの代用品⑤】セロリ

 

バジルとは少し香りの種類が異なりますが、こちらも独特の良い香りのする野菜になります。

 

バジルと同じようにサラダに加え、生で食べることもできますし、茎の部分などであれば煮込み料理などを作りたい場合の臭み消しにも活用できます。

 

 

 

【バジルの代用品⑥】コリアンダー(パクチー)

 

コリアンダーと聞くと、種子や葉を乾燥させて作られているスパイスというイメージですが、最近では生の状態のものをパクチーと呼び、様々な料理に使用されている食材になります。

 

コリアンダーとパクチーを料理によって使い分けることによって、バジルの代用品として使用することができます。

 

 

煮込み料理や下ごしらえにはコリアンダー、仕上げの飾りや香りのアクセントとして加えたい場合には少量のパクチーで代用可能でしょう。

 

カワルンちゃん
少し独特の香りが特徴ですので、量はお好みで調節することをおすすめします。

 

バジルの代用品としておすすめできないもの

 

バジルの代用品として使用できないわけではありませんが、少し使いづらいものについてご紹介します。

 

カワルンちゃん
全く使えないわけではありません。工夫や作りたいレシピ次第では使用可能ですので、使いたい場合は、色々と調整しながら使ってみてください!

 

①チンゲン菜や小松菜

バジルはイタリアンというイメージがありますが、タイ料理などでも使用されることがあります。

 

油を多めに使用した炒め物などを作りたい場合には、チンゲン菜や小松菜を代用品として使用することができます。

 

どちらもそれほど香りが強い野菜ではなく、食感についてもバジルとは違いますが、油を使用して炒めることによって、鮮やかで美しい緑色を保つことができます。

 

カワルンちゃん
臭み消しや香り付けには向きませんが、見た目のアクセントとしてであれば代用品として十分活用可能です!

 

②ローリエ

月桂樹の葉を乾燥させて作られている香辛料になります。

 

煮込み料理などに入れたり、マリネ液やオリーブオイルにメイン食材と共に漬けこんだり、といった用途で使用します。

 

一般的に臭みを消したり風味をよくするために使用されるものになりますので、見た目に鮮やかな色を見せたい場合などには向かないでしょう。

 

③生姜やにんにく

見た目のアクセントとしては向きませんが、特に肉料理を作る際の臭み消しとしてであればバジルの代用品として使用できます。

 

ハーブではありませんので、香りの種類も少し違ったものになりますが、手に入りやすく普段から使用することも多い薬味ですので、使いやすいといった利点があります。

 

 

そのほか!みんなのアイディア

◎青のり

 

◎三つ葉

 

◎ベビーリーフ

 

◎しそ

 

◎ローズマリー

 

まとめ

まとめ

 

 バジルの代用品には以下のようなものがあげられます。

 

【パセリ・大葉・ルッコラ(ロケット菜)・タイム・セロリ・コリアンダー(パクチー)】

 

 チンゲン菜や小松菜・ローリエは、バジルの代用品としてはおすすめはできないが、工夫次第では使える。

 

 そのほかの代用品として、青のり・三つ葉・ベビーリーフ・しそ・ローズマリーなどがある。