料理に辛味を加えるために使用される赤唐辛子。

 

子どもが食べる場合にはあえて加えないという場合もありますが、料理によっては加えていないと「なにかが足りない…」と感じてしまうこともあります。

 

そんな辛い物が好きな人にとっては、なくてはならないアイテムですが、いざ使おうと思ったら切らして困ったという経験はないでしょうか?

 

カワルンちゃん
やばい!赤唐辛子がない。どうしよう…

 

一体、代用品にはどのようなものがあるでしょうか?

 

今回は、困ったときに役立つ赤唐辛子の代用品についてご紹介します。

 

赤唐辛子の代用品はこの10つがおすすめ! 

 

赤唐辛子というと、主に一味などの細かく刻まれている物が浮かびますが、唐辛子が含まれている調味料であれば代用することが可能です。

 

他にも辛み成分が含まれている物であれば、代用することが可能な物もありますので、色々と試してみて好みの物を探してみることもおすすめです。

 

カワルンちゃん
困ったときにはぜひお試しください!

 

【赤唐辛子の代用品①】七味唐辛子

 

七味唐辛子は、赤唐辛子の他に山椒・陳皮・芥子・麻の実・紫蘇・青海苔・黒ゴマ・生姜などが含まれている風味豊かな調味料になります。

 

赤唐辛子だけの物に比べると風味があり、香りも良く辛味も少し抑え目になっている物が多いです。

 

うどんなどを食べる際に加えることも多いですが、赤唐辛子の代用品として使用することも可能です。

 

他の香辛料などが含まれているため、沢山入れると料理の風味などが変わってしまう場合もあるため、加減をしながら加えるようにしましょう。

 

 

【赤唐辛子の代用品②】鷹の爪

 

鷹の爪は赤唐辛子を干したそのもの自体になります。

 

中の種などもそのままであるため、調理の際にはそれらを取り除いて使用することが必要です。

 

辛味が強いため、煮込む料理などの場合には、途中で取り出すなどして辛味を調節する必要があります。

 

元々辛い物が好きであったり得意である場合であれば、そのまま食べる場合もありますが、辛い物が苦手である場合には細かく切って調節することをおすすめします。

 

 

【赤唐辛子の代用品③】豆板醤

 

豆板醤は主にソラマメに大豆・米・大豆油・ごま油・塩・唐辛子などを加えて作られている醤と呼ばれる調味料になります。

 

中華料理などを作る際によく使用されますが、料理を食べる際に少し辛さが欲しい場合に加えることもあります。

 

ただ、赤唐辛子単体の物と比べると、塩分が含まれているために加える量に注意が必要です。

 

入れすぎてしまうと唐辛子の辛さというよりも、しょっぱいと感じる要素が増えてしまうことになります。

 

 

 

【赤唐辛子の代用品④】ハバネロ

 

トウガラシ属の植物であるハバネロは、唐辛子よりも辛み成分が強いともされている植物です。

 

猛烈に辛い辛味の中にも、柑橘系にも似たフルーティーな香りも含まれているため、肉料理におすすめのです。

 

辛さが強いため、濃厚な料理などに適している辛味であるともされており、日本食のように淡泊な料理には辛みが勝ってしまうため、使用の際には量に注意する必要があります。

 

 

【赤唐辛子の代用品⑤】粉唐辛子

 

赤唐辛子を粉末状にしている物になります。

 

基本的には赤唐辛子そのものであるため、代用品として使用することができます。

 

粉末状であるため、アクセントとして直接料理に加えて食べる際には、吸いこんでしまわないように注意しましょう。

 

 

【赤唐辛子の代用品⑥】チリペッパー

 

乾燥した赤唐辛子のみを使用しているため、名前は違いますが一味唐辛子と酷似している物になります。

 

パウダータイプの物やあらびきタイプの物もありますので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

 

 

【赤唐辛子の代用品⑦】レッドペッパー

 

乾燥した唐辛子だけではなく、焙煎した唐辛子もブレンドされている物になります。

 

辛味だけではなく、焙煎によって香ばしい香りも追加されています。唐辛子そのものであるため、同量にて代用使用できます。

 

香りが良いため、肉料理など臭み消しなどとしても活用したい場合にも有効です。

 

 

【赤唐辛子の代用品⑧】カイエンペッパー

 

カイエンペッパーは、唐辛子の別名として使われていることが一般的であるため、唐辛子そのものということになります。

 

ですので用途としては赤唐辛子と同じであるため、代用品として同量で使用することが可能です。

 

粗目に加工されている物が多いため、一味唐辛子に非常に近い物になります。

 

 

【赤唐辛子の代用品⑨】ハラペーニョ

 

主にメキシコ料理などで使用されている青唐辛子になります。

 

ハバネロと混同して考えてしまいやすいですが、こちらは激辛という程ではないです。

 

ですが辛味はしっかりとつけることができますので、味をみながら調節して加えていくと良いでしょう。

 

メキシコ料理や洋風の料理に合わせやすい辛味であり、和食に使用する場合には、料理によっては合わない可能性もあるため注意が必要です。

 

 

【赤唐辛子の代用品⑩】そのほか!みんなのアイディア

◎糸唐辛子

 

◎柚子胡椒で作ったアリオリ

 

◎青唐辛子

 

赤唐辛子の代用品としておすすめできないもの

 

辛味を料理に加えるものとしては、赤唐辛子の代用品として使用することもできますが、少し用途が限られてくる物について紹介します。

カワルンちゃん
これらは全く使用できない訳ではありません。工夫や量次第で使用することもできますので、調節しながら使ってみてください!

 

①ラー油

ラー油は唐辛子などの香辛料を植物油の中で加熱することによって、辛味成分を油の中に抽出している調味料になります。

 

基本的には油であるため、使用できる料理の種類が限られます。

 

あっさりとした出汁などを味わいたい場合の料理には向かないといえます。

 

②タバスコ

日本では卓上調味料としてピザやスパゲティ・パスタなど主にイタリア料理など、洋風の料理に対して辛さを加える物として使用されています。

 

和食への利用はそれほど多くはありませんが、アレンジすることは可能ですので、オリジナルレシピなどに活用してみてはいかがでしょう。

 

③辛子

赤唐辛子ではなく一般的に黄色い和がらしと呼ばれている辛子は、アブラナ科の植物とからし菜の種子から作られています。

 

赤唐辛子とは少し種類の違った辛さのアクセントを加えることができます。

 

料理によって使い分けることが一般的ですが、好みによって使い分けることによって、より食欲を促進する効果を得ることも可能でしょう。

 

まとめ

まとめ

 

 赤唐辛子の代用品には以下の9つがおすすめ。

 

【七味唐辛子・鷹の爪・豆板醤・ハバネロ・粉唐辛子・チリペッパー・レッドペッパー・カイエンペッパー・ハラペーニョ】

 

 ラー油・タバスコ・辛子については、赤唐辛子の代用品としてはおすすめできないが、工夫次第では使用可能である。