缶詰は賞味期限が長いものが多く大変便利です。

 

最近の缶詰は簡単に開けられるような仕組みになっていて、缶切りが必要ない商品が多々ありますが、やはり缶切りが必要な缶詰はまだまだあります。

 

「あれ?そういえば缶切りがない!」「すぐに開けたいのに・・・困った!」そんな時って困りますよね。

 

カワルンちゃん
やばい!缶切りがない。どうしよう…

 

今回はそんな困ったときに役立つ缶切りの代用品をご紹介します。

 

缶切りの代用品はこちらの7つがおすすめ!

(缶切り 出典:Wikipedia

カワルンちゃん
硬い缶が缶切りなしで開けられるか不安な方もいらっしゃると思いますが、意外と簡単に開けることができますので、女性も安心です!

【缶切りの代用品①】スプーン

 

家庭にもありアウトドアにも持参していることが多いスプーン。

 

少し力は必要になりますが、缶切りの代用になります。

【用意するもの】

✔ 金属のスプーン

✔ 軍手またはタオル

手順

  1. 軍手またはタオルを巻いてスプーンを持ち、スプーンの丸くなっている方を缶詰のフチの1か所に強めに押し当て、こすりつけます。
  2. 穴が開きましたら、フチに沿ってスプーンを滑らせながら開けていきます。

 

 

 

 【注意点やコツ

・スプーンは先が尖っているものの方が缶切りの代用には向いています。傷がつく可能性がありますので、不要なもので代用してください。

・けがをする恐れがありますので、穴が開いても指を入れたりしないでください。

・力が必要ですので手が痛むことがあります。

・時間がかかることがあります。

 

 

【缶切りの代用品②】ハサミ

 

ハサミも用意しやすく便利ですが、刃物ですので危険を伴います。

 

充分注意しながら作業をしましょう。

【用意するもの】

✔ ハサミ

✔ 軍手またはタオル

手順

  1. 軍手またはタオルを巻いて、ハサミを開いた状態で持ちます。
  2. 片方の刃を缶詰のフチの1か所に押し当て、こすりつけます。
  3. 穴が開きましたら、ハサミを缶切りのようにしながらフチに沿って開けていきます。

 

 【注意点やコツ】

・手を切ってしまう可能性があり危険ですので、必ず軍手またはタオルを巻いて代用してください。

・ハサミの切れ味が悪くなる可能性があります。

 

【缶切りの代用品③】マイナスドライバー

 

マイナスドライバーは頑丈ですので硬い缶にも強く、十分缶切りの代用になります。 

【用意するもの】

✔ マイナスドライバー

✔ 輪ゴム

✔ 石などの硬いもの

✔ 軍手またはタオル

手順

  1. 滑りにくくするためマイナスドライバーに輪ゴムを巻き、軍手またはタオルを巻いてマイナスドライバーを持ちます。
  2. マイナスドライバーの先を缶詰のフチの1か所に当て、マイナスドライバーの持ち手部分を石など硬いもので叩きます。
  3. 穴が開きましたら、この作業をフチに沿って繰り返し開けていきます。

 

 

 【注意点やコツ】

・石などの硬いものでマイナスドライバーを叩くときは、自分の手や周りに気を付けてください。

・時間がかかることがあります。

 

 

【缶切りの代用品④】アイスピックなどの尖ったもの

 

アイスピックやキリなどの先が尖ったもので缶詰を開けることができますが、危険ですのでしっかりと気を付けながら代用してください。 

【用意するもの】

✔ アイスピックやキリ

✔ 軍手やタオル

手順

  1. 軍手やタオルを巻いてアイスピックやキリを持ち、缶詰のフチに沿って穴を開けていきます。
  2. フチ全体に穴が開いたら、蓋を上から手でゆっくりと力を入れながら押し込みます。
  3. 蓋が缶詰の内側に下がったらアイスピックやキリの先端を入れ込み、蓋を上げて開けます。

 

 

 【注意点やコツ】

・アイスピックやキリは尖っていて危険ですので、自分や周りに気を付けてください。

・折れてしまう可能性があります。

 

 

【缶切りの代用品⑤】ナイフ

 

ナイフは缶を開けやすく代用になるのですが、刃物ですので危険を伴いますので、充分気を付けて代用しましょう。

 

大きなナイフよりもペティナイフが使いやすくおすすめです。 

【用意するもの】

✔ ペティナイフ

✔ 軍手やタオル

手順

  1. 軍手やタオルを巻いてペティナイフを持ち、刃元の「アゴ」と呼ばれる部分を缶のフチの1か所に押し当てながらこすります。
  2. 穴が開いたら、ペティナイフを缶切りのようにしながらフチに沿って開けていきます。

 

 

 【注意点やコツ】

・刃物ですので指などを切ってしまう危険があります。自分や周りに気を付けながら代用してください。

・刃の破片が缶詰の中に入り込む危険がありますので、召し上がるときには刃が欠けていないか、中に破片が混ざっていないか十分確認してください。

・ナイフの切れ味が悪くなる可能性があります。

 

【缶切りの代用品⑥】小銭

 

小銭があれば缶切りの代用になります。

 

10円玉がおすすめです。 

【用意するもの】

✔ 10円玉

✔ 軍手やタオル

手順

  1. 軍手やタオルを巻いて10円玉を持ち、缶詰のフチの1か所に押し当てこすります。
  2. 穴が開いたら、フチに沿って滑らせるように開けてきます。

 

 

 【注意点やコツ】

10円玉は小さいため缶の切り口に指が近く、缶に穴が開いたときに指を切りやすいので必ず軍手やタオルを巻いて代用してください。

・ある程度強い力が必要になります。

・時間がかかることがあります。

 

【缶切りの代用品⑦】コンクリートなどの硬いものにこする

 

道具も小銭もないときは、周りにコンクリートや岩などの硬いものがないか探してみてください。

 

コンクリートや岩にこすりつけることによって缶に穴が開きますので、缶切りの代用になります。

 

災害時にも役立つ代用方法です。 

【用意するもの】

✔ コンクリートや岩

手順

  1. 缶詰を逆さにして持ち、フチをコンクリートや岩に押し当てこすりつけます。
  2. 蓋に穴が開いたら、缶詰を表に返して両手で缶詰の側面を押し込んで開けます。

 

 

 【注意点やコツ】

・こすりつけすぎて穴が一気に開きますと、逆さにして開けているため缶の中身が飛び出す可能性があります。

・コンクリートや岩の破片や缶の蓋の破片が缶の中に入り込むことがありますので、召し上がるときには中に破片が入っていないか十分確認してください。

 

 

以上、缶切りの代用品7つでした!

 

カワルンちゃん
全ての代用品にプラスしてラジオペンチがありましたら、開いた穴に差し込んで開けやすくなります。ラジオペンチがありましたら、一緒にご用意ください!

 

まとめ

まとめ

 

 缶切りの代用品には以下の7つがおすすめ。

 

【スプーン・ハサミ・マイナスドライバー・アイスピックなどの尖ったもの・ナイフ・小銭・コンクリートなどの硬いもの】

 

 それぞれの代用品には注意点もあるが、気を付けて代用することで十分に缶切りの代用品になる。